昔書いて公表してない記事

いまブログの整理をしていたら2010年3月5日に書いた記事がなぜか公表してませんでした。
自分で読んでいても読みにくいし、よく分からない記事ですが、その時の自分ということで否定や修正はしたくないのでそのままアップしときます。



「映画の自主上映をしませんか?」
昨年11月にいろはママさんからこんな話を持ちかけられた。

おもしろい。




我々は保護活動組織としては珍しく、これまで大した紆余曲折もなければ、崩壊や解散の危機もなく比較的平穏で順調な活動を続けてきた。
むしろ日が経つにつれ結束力は強固となったように思う。

これにはみなさんの熱い思い、それに反してゆるい活動。
強い意志や明確な理念のわりに柔軟な姿勢を取ってきたこと。
とにかく最初から無理はせず、活動する側が楽しむことをある程度重視してきたこと、などが大きいと思う。

とにかくずぼらな僕をみんなが支えてくれた。
僕もできるだけ応えるようにした。つもり。

みんなみんな信頼おけるメンバーだ。
ありがとう。

そんな厚い信頼を置いているメンバーの一人、いろはママさんからの提案だからおもしろくないはずがないし、僕は是非協力したいと思った。

あの提案からもう3ヶ月以上経ってしまったが、いまがいいときかもしれない。

僕はずっと保護活動をするうえで、大切にしてきた思いがある。
より多くの人々が犬との生活を楽しんでくれれば・・・

僕は殺処分を減らすことへの活動にはっきり言って興味はない。
いやいや・・・殺処分を減らすために、保護することが幸せな社会を作る一番の近道とは思っていない、と言った方がいいかな。
いまも確かに保護活動に力を入れてはいますが、殺処分を減らすことが最大の目的ではなく、譲渡を通して人々により楽しい犬との生活を提案することに重きを置いてます。
だから声高に「この可哀想な命を救ってあげてください!!」なんてはいいません。

語弊があるかもしれないが、保健所にいる犬が殺処分されることが可哀想だとは思わない。

もちろん語弊がありますよね。
わかります。

でもね・・・

可哀想に決まっているが、その子たちをたとえ全頭救おうとも、問題解決には全く至らない。
僕だって犬が殺されたら胸が痛いし、できるだけ殺されてほしくはない。
でも可哀想だけで解決できる問題ではないんです。
全頭すくったら世の中は幸せに満ち溢れるのか?
全頭救えば犬にとって幸せな社会は訪れるのか?
その活動はいつ終わるのか?

幸せな犬社会がくることもなければ、終わりもない、エンドレスな活動であり、いわばその場しのぎの刹那的な救済にすぎないように思えてならない。

それが不必要とは思わないが、多くの活動は、やがて初期衝動は色あせ、多くの自己満足へと姿をかえた幸せだけが増えていくのではないか・・・

数字を0にしても極端な話なにも変わっていないんですよ。
殺処分はなぜ起こるのか??
それはその子との生活にある一定レベル以上の楽しみが見出せなかったことに原因があるのではないでしょうか?
殺処分を減らさないといけないのではなく、愛犬家を増やさないといけないと思うんです。

泣いている犬を増やすより、笑っている犬の数を増やしたいんです。
悲しそうな犬の顔は見たくないんです。

自殺者を減らすために、ロープの販売を禁止したところで根本的な解決には至りません。
一時期学校でナイフなどの持ち物検査や販売の禁止の話がありましたが、殺人事件を減らすためにナイフの販売を禁止しても何の解決にも至りませんよね。
大切なのは命の大切さを説くことであり、その人自身がそういった気持を抱かないよう、より楽しい人生を送れる環境を提供することです。

話を戻します。
問題は犬への処分・対処ではなく、人と犬との関係の構図。
どうにか一人でも多くの方に犬との幸せな生活を感じてもらいたい。
悲しいのは殺処分が行われる現状ではなく、犬と楽しい生活を送れなかった人であり、そのすべを知らずに生活を送った人であり、殺処分の現状を知らず、手段がそれしか思いつかなかった人だ。
可哀想な犬は、可哀想な社会によって生まれた。
変わらないといけないのは、社会。
人が変われば犬が変わる。

この映画は人々に現状を知ってもらういいチャンスになると思う。
現状を知った上で、犬の幸せを考える。


犬と猫と人間と


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ブリーダーへ
スポンサーサイト

映画のご報告

いよいよ明日は大村での映画です。
犬や猫は喋れません。
この映画には犬や猫のメッセージが詰まっていると思います。
同時に良くも悪くも人間のメッセージも。
あなたのメッセージはなんですか??

遅くなりましたが、佐世保での上映会の会計報告です。

収入
当日券 62,500円
前売券 124,000円
募金 9,320円
パンフレット 3,000円
DVD 3,200円

(A)売上合計 202,020円

支出
チケット販売手数料 900円
上映料 71,600円
フライヤー 9,000円
ポスター 950円
パンフレット 2,400円
DVD 2,560円
ハガキ 9,000円
チケット制作 3,000円
ガムテープ 315円
公民館使用料(電気代) 20円
公民館使用料(冷暖房費)2,760円
コピー 80円
機材返却運送費 2,240円

(B)支出合計 104,825円

収益 (A)-(B)=97,195円

この収益は今後犬の保護や保護犬の医療費、またそれに伴う経費として使わせていただきます。

お陰さまで多くの方に来ていただきました。
ありがとうございました。
会場でもお伝えしましたが、皆様に足を運んでいただいたことで、多くの犬や猫が喜んでいることと思います。
いつか犬や猫や人間がみんな笑顔でいる、そんな映画しかできない世界が来るといいですね。

最後になりましたが、この映画上映会にご協力を頂いた本当に多くの方、そして我ら長崎わんわんレスキューの仲間にこの場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
上映までの会議では文化祭みたいな雰囲気で、いろんな意味でいい上映会になりました!

映画のお知らせ等

映画「犬と猫と人間と」の長崎市上映会に行ってきました。
今回は完全お客さんモードで行ける上映会だったので、ゆっくりとした気分で上映会を楽しむことができました。

この映画は観れば観るほど印象が変わる、いわゆるスルメタイプで、今回もまた新たな発見がたくさんありました。

本編の中に何度となく出てくる「人間」という単語。
これが全てを物語ってますね。

そんなわけで、個人的には犬猫の映画ではなく人間の映画に感じます。

とにかくおもろいです。
完全に監督さんのファンになりましたので、DVD買っちゃいました。

次回長崎県下では佐世保市、その後は大村市で上映されます。
■佐世保市■

上映後、製作監督飯田基晴氏の講演会が行われます。

日時:8月28日(土)昼の部13:00~ 夜の部17:30~
場所:アルカスSASEBO1Fイベントホール
主催:させぼ地域ねこの会
後援:佐世保市教育委員会


■大村市■

日時:9月19日(日)12:00開場 13:00開演
場所:大村市コミュニティーセンター第3会議室
入場料:一律500円
主催:長崎わんわんレスキュー・長崎猫の会・the Beach Dog
後援:プルート・大村市教育委員会・FMおおむら
協賛:オクト・パルス(株)・マウンテン・ドッグ
詳細はこちら

大村夏越祭りでフリーマーケット開催!

日時:8月2日(月)3日(火)16:00~22:00(予定)
場所:十八銀行大村支店駐車場(予定)
バザー用品募集中!



はっぴぃ!FM「金太郎パパどうぶつ園」
7月27日(火)午後8時~9時
この日は佐世保のアイドル犬金太郎君の1周忌です。
パパさんと金太郎パパ動物園から巣立ったパーソナリティ「ナナコさん」と
私DD4Dとで偲びながら
動物の力について語り合います。
番組後半にはCHIKAさんも登場!


ハウステンボス「ペット同伴入場OK!」
入場料:500円/頭(年間パスポート会員は300円/頭


アニマルプラネット「わんこの城:プードル」
長崎セインツのベースボールドッグとして活躍する金太郎君、
アーケードで街の人たちとふれあう金太郎君が紹介されています。
7月の放送日
7月04日(日) 8:00~
7月21日(水)20:00~
7月27日(火)11:00~


犬猫譲渡会

日時:7月25日(日)14:00~18:00
場所:佐世保市島瀬公園(交番横)
長崎わんわんレスキュー・長崎猫の会


the Beach Dog第3回わんわんウォーキング夏企画(シーカヤック)

日時:8月8日(日)8:00~12:00(雨天22日に延期)
集合場所:鹿子前SASUPA駐車場内シーカヤックセンター
詳細はこちら

犬と猫と人間と 明日長崎市で上映

宮崎の種牛のことや、それにあわせて犬猫のことをたくさん書きたかったんですが、やめときます。

明日映画があります。
一人でも多くの方に観て頂きたいです。



映画『犬と猫と人間と』ながさき自主上映会

日時:7/19(月・祝) 14:00~/17:30~
場所:長崎市立図書館多目的ホール
料金:当日800円/前売600円(浜屋プレイガイドと西友道ノ尾店内くさの書店にて店頭販売)

映画

映画の報告が遅くなりましたが、準備期間も含め、非常に充実した映画上映会開催となりました。

結果から申しますと、キャパ150に対して154人の来場。
ご来場頂いたみなさんありがとうございました。
一人でも多くの方に見ていただき、何かを考えるきっかけになればと思っていたので、成功だったといえるのではないでしょうか。

また、これだけの方にご来場いただくには多くの方のご協力や思いが不可欠でした。
スタッフ、ご協力いただいた店舗の方、病院の先生方、メディアの方々、友人・・・本当に多くのかに感謝しなければなりません。
この場を借りてお礼申し上げます。

実は映画のチケット回収や清算が現在もまだ続いております。
準備期間も仕事をしながらだったので、一日にわずかなことしかできず、約40軒回るのに実質2週間ほどかかりましたが、終わってからも毎日わずかなことしかできておりません。
昨日も結局2軒のお礼周りしかできませんでした。

詳しい報告は申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちください。


さて、改めて映画を観て思うことですが、昨日も保健所の方といろいろお話ししていて思ったのですが、いくら制度を変えようとも、行政が変わろうとも、人間が変わらなければなにもかわりません。
自治体が殺処分0を公言しても、変えなければならないのは数字ではなく、ルールでもなく、人が動物を思う気持ちなのではないでしょうか。
ペットを飼われている人で、本当に楽しんでいる方は実際にはそうそう多くないのかもしれません。
公園を歩けば犬と遊んでいる人がいて、知り合いと話せばみんなペットのことがかわいいという。
でも、それらペットと表を歩いている人は極々わずかなんだと感じさせられることが多々あります。

この3年間毎晩4,5時間、街中でチワワやトイプードルやポメラニアンの子犬の散歩をしてきました。
毎日のように見知らぬ方から声をかけられるわけですが「自分は犬を連れだしたりしない、できない」「小さい頃はよかったが、いまは困っている」「トイレができない。散歩で歩かない。吠えがうるさい」「犬がいたら出かけられない」などペットに対する苦情にも似たお話しばかりです。

夜な夜な山間部を車で走ると、毎月数頭は迷い犬か捨て犬と思われる徘徊犬を見かけます。

毎月のように「犬を飼いきれなくなった」と相談を受けます。
今月だけでも3件合計5頭もありました。
一般家庭で繁殖をしたけど死亡した、という話も2件ありました。

犬がいてくれて楽しいという話も聞きますが、本当にごくわずかです。

悲観的になるべきではないのでしょうが、いつかこんな話を聞かない日が来ることを願ってやみません。

映画は僕にこう教えてくれました。
できることは限られているけど、やらないよりはまし。
一人ひとりがなにかを考えることが大切、と。

次は犬に生まれたい、犬に生まれてきてよかった、と思えるようになる日・・・そんな日は来ないかもしれないけど、数十年かけてでも人間としてそれに取り組んでいきたいと思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ブリーダーへ