その後

先日書いた「アート犬」の「その後」についての記事を先ほど知り合いが教えてくれました。
アート犬とはこれです。
餓死していく犬を「アート」と言ってたそうです。
6ae00b397c1cfa1958ba1dea412d1234.jpg

029f32c31b6ddec2b8347b798de03144.jpg

093d1d34e7b57ca9a62b69cdd9c8b1e0.jpg

e7ffe4d8a8a18568382d961bd6013b43.jpg

だらだら長いですがこれ↓が「その後」です。


ある芸術家が餓死寸前の犬を展示して「犬の餓死」という芸術を発表した。しかもこれはまだ最初の布石に過ぎず、私が表現しようとする芸術の準備段階だと宣言した。「犬の餓死」だけでも非人道的なのに、それが準備段階に過ぎないと宣言したことで、様々な人から非難が集中した。ネットでは芸術家のブログは炎上し、自宅には反対するグループが押し寄せ、それらをマスコミが取り上げ更に盛り上がり、収拾がつかない程に社会問題化した。

それを受けて芸術家は新たなコメントをした。次の展示に使う犬は保健所で処分される予定の犬を使用することにします。助けたい人がいらしたらどうぞご自由に。次の展示が行われる日、展示される美術館では初めて開館前に行列ができていた。鉢巻をして襷をかけたいかにも抗議団体ですという集団や、興味本位で初めて美術館に訪れましたというような一般人、そしてそれらを面白可笑しく撮ろうする撮影人。100人以上の人が集まっていたので美術館はいつもより早く開館した。開館するや否や、皆早足で「犬の餓死」が展示されている前に集まった。前回と同じように動く元気もないような犬が元気なく伏せっていたが、そこに立ててあった看板だけは前回と違った。「助けたい人がいらしたらどうぞご自由に。」展示の前に集まった皆が静かに周りを伺う。多くの人が降りる停留所なのに停車ボタンを皆なかなか押さないバスの空気に似ていた。そんな中一人の老婦人が静々と手を挙げた。この犬を引き受けたいのですが。すると奥から芸術家が現れてわかりましたと犬の縄を看板から解き、老婦人へと手渡し、また奥へと下がっていった。縄を受け取った老婦人が屈み「もう大丈夫よ。」と犬の頭を撫でると自然に拍手が巻き起こった。

しかしそんな中、芸術家は奥から飄々と現れ、また連れてきた犬を看板に繋いだ。どういうことだと詰め寄られるが特に気にすることもなく、今日は10匹連れてきましたから後9匹いますよ、と答えた。人々は唖然としたが一度できた流れは変わらず、次々と挙手する人が現れた。自分が引き受ける、いいや自分が引き受けると、我先にと手を挙げた。芸術家は機械的に受け渡しを9回済まし、その日の展示は終了した。マスコミはその様子を何度も放映し、国民もその美談に酔いしれた。

芸術家はその後も精力的に展示を行ったが「犬の餓死」が完成することはなかった。どこの美術館でも用意した犬は全て貰い手が現れたからだ。それは数を増やしても変わらなかった。展示の度に生成され続ける美談が一大ブームを作っていたからだ。そしていつしかある噂が囁かれていた。あの芸術家は処分予定の犬達を救うためにこんな展示を始めたんじゃないだろうかと。

しかしある時、芸術家は突然展示をやめた。ブームの最中だったから人々は不思議がった。そしてとある記者が尋ねた。「噂では処分予定の犬を救うためにこの展示をしていたとのことですが本当でしょうか?」芸術家は答えた。「いいえ違います。それにもしそれが目的ならば展示をやめるなんておかしいでしょ?」もっともな話だった。「では何のために展示をして、そして何故展示をやめられるのですか?」芸術家は答えた。「それはこれからわかります。そして私の準備はこれで終わったので展示をやめます。どうぞ皆様これから行われる出来事をお楽しみください。」展示は終わった。

謎めいた発言は一時的に話題にはなったものの、その後も特に何かが起こるわけでもなかったので、すぐに忘れ去られた。そして数ヶ月後。奇妙な現象が起こり始めた。全国各地の公園などに痩せ衰えた犬が次々と放置され始めたのだ。「助けたい人がいたらご自由に。」と書かれた言葉と共に。引き受けたはいいものの、流行と偽善の気持ちから挙手した人が殆どで、数ヶ月もする頃には飼うことが嫌になっていた。どうしたものかと考えつく先は皆同じで、それが芸術家と同じような手段だった。直接捨てたり保健所に連れて行くよりも心が痛まない。悪いのは助けることができたのに、助けることなく見ていたやつだと。かくして「犬の餓死」は完成した。多くの人の手によって。



これが本当の話かどうかはさておき、犬の餓死という点を除いてはすごくよくできた話だと思う。
犬が餓死したことを争点にあげていてはこのストーリーの真実は見えてこない。

18歳のときDonovan というミュージシャンが好きでよく聞いていた。
彼の歌にUniversal Soldierというタイトルの曲と The War Drags On という曲がある。
今回のこの話を読んで、この2曲を思い出した。
どことなく似てるのだ。
内容はこんな感じだった。

ある兵士は戦争を終わらすために戦っていた。
国のため、神のため、兄のため、蟹のため
しかし、その兵士のその行動が戦争を終わらせないでいることに気付いていない。

ある兵士はこの世の中から戦争がなくなって欲しいと願っていた。
すると空にきのこ雲が現れた。
そして戦争はなくなった。
同時に世界もなくなった。

反戦、エコ、ボランティア、保護・・・・こういう言葉を聞く度にいつも考えさせられる。

うちの母は自分がまだ小さかったとき、仕事が休みの時には自転車の後ろに自分を乗せて、保育園まで送ってくれた。
道中、自転車を止めては空き缶を拾い、また進んでは拾い、小さなほこらを見つけては手を合わせ平和を祈っていた。
けして大したことはしてないが、これが当たり前であり大切な行動なのだろう。
その行動にはボランティアや反戦、エコなんて言葉は当てはまらない。
ブームや偽善、自己満足ではない。
人として当たり前の行動。
動物愛護週間や動物愛護団体なんていらない。
いつでも愛護で誰でも愛護。
人は環境を保護するほどの身分ではなく環境に保護される立場。
考え出したら止まらない。
助けてボブディラン。
スポンサーサイト

シーズー♂保護しました

以前ちょっとだけ書いた保健所にいたシーズー君を保護しました。
この子は保健所時代に里親さんが決まりそうだったんだけど残念ながら・・・・
結局私達が保護することに。
今はりこさんところで一時保護中です。

「仮)まる君です♪」
DSC04989.jpg

まる君()はまだまだ若い感じです。
おそらく1歳半ぐらいかな。
体重は7キロ
6種ワクチンを接種しました。
検便、フィラリア、ノミダニ、心音はすべてO.K!無問題です。
ただ角膜炎なんです。
でもすぐ治るんじゃないかな。
それから来週トリミングに出します。
かっこよくなるぜ~!

まる君についてのご質問、里親さんをご希望の方はメールフォームにてご連絡ください。

最近ビーチドッグと長崎はっぴーあにまるさんに保護依頼や野良犬、捨て犬、迷い犬等の相談が多く寄せられます。
自分も一人でやってますし、りこさんも一人でやってます。
保護団体ではありません。
長崎はっぴーあにまる(団体名ではなくサイトの名前です)さんとは相互支援をしてるので一つの団体のようになってますけどお互い単なる個人なんです。
アドバイス等はできますが、支援や保護までは・・・・
ご了承ください。


いろいろなところで保護団体と表記されてるのと、保護するだけしてそれ以降はこちらにまかせっきりの方がポツポツいるので一応書いときました。

それから、わざわざ書く必要はないと思いましたが、いわゆる「アート犬」についてのマイオピニオンを。

実に興味深い出来事だと思います。
artistの訳し方はこの場合芸術家ではなく表現者くらいが適切なんでしょう。
何かを表現してるんですね。
どうやら偽善を表現してるようです。
餓死や死だけが表現されてるわけではないんですね。
I won’t say the dog died.
The importance to me is the hypocracy of the people where an animal is the focus of attention where people come to see art but not when it’s in the street starving to death.
The same thing happened with poor Natividad Canda.
The people sympathized with him only after he was dead,
↑作者談です。
アートとしては非人道的ですが
いいたいことわかります。
アートとは称されてませんが、同じような運命の犬は日本でも保健所や悪徳ブリーダーの犬舎に行けば毎日会えます。
このアーティストはきっと自分の何倍も動物愛護者なんでしょうね。
動物嫌いはこんなことしません。
動物嫌いは路地裏で野良犬蹴飛ばしたり鳩の餌に毒を盛る程度です。
愛情のはき違えや溺愛は犬に良くないといいますが、この人の溺愛ベクトルは方向といい強さといいちょっと飛び抜けてますね。

真実を訴えかける勇気、反対の署名する勇気、どちらも称えたい気分です。
が、真実は変わらないんですね。
餓死の表現をやめさせても、また明日どこかで誰かが命を捨てているという現実。

我が国日本もコスタリカの路地やニカラグアのエキスポと大して変わらない。

本件は写真が残酷なぶん真意が伝わりにくくなってますが、きっとこの人が生体でなく紙(文章、写真、絵等)で表現していればずいぶんと評価は違ったのでしょうね。
動物達のレクイエムの実写バージョンみたいなものかなと自分は捉えています。。。

コスタリカの路地裏が、日本の現実がニカラグアのエキスポに登場。
人間は汚点をさらけ出されると隠そうとする。

ということで自分には究極の保護活動と映りました。
賛否の明言は避けさせていただきます。

自分勝手な戦争だから 自分勝手に意見します

例の対岸の火事から何年経ったろう
ありゃ、まさに対岸の火事だ

あの瞬間はブルッたが
すぐさま気持ちは冷めていった

例の大げさなアングロサクソンの態度見てだな
アフガンや周辺諸国では、それ以前から多くの人々が騙され、苦しめられていたことだろうに

でも被害者は今でも大国だ
正義や聖人を名乗ったとしても
軍服着てる輩の起こす正義は
「テロ」と呼ばれたり
「戦争」だったりするわけで
聖戦と言えど肯定出来るはずもなく
ましてや双方共に自分だけ被害者面するのはいかがなものか

ペンは剣より強し
かな

死者を侮蔑するわけではないが
どういった理由にしろ
どちらも救いようのない愚かさであることは否めない


そんなことより
あのビル

自分がもう少し若かった頃
多くの思い出をくれた

あのビルが崩壊したとき
どこか消化しきれず、脳の片隅で未練がましく居座っていた記憶が
同じく音を立てて崩れ、消え去っていった

特別な惜別

多感な時期の経験や、記憶は忘れがたく
特にあの国は若輩者の自分とって衝撃が大きすぎた

♪海のかなたには もう探さない
輝くものは いつもここに
私の中に 見つけられたから♪

過去にしがみついては生きられない
過去の肯定は
今への否定でもある


ここら辺まで来ると
いったい何が言いたいのかわからなくなってくるが

要は
あのころ楽しかったなぁ
もう一度戻りたいなぁ
でも戻れんのよ
前向かんと

もうあのビルはないように
あそこに自分はいないんだ

時代の移り変わりと共に
人は変り
変化を受入れ
今を過去にしながら
明日と言う未来のために
現実を苦しむ

Tomorrow will be better than today.

いいことがあり
悪いこともある
なんにせよ
生きていかなくちゃならない

どうせ生きるなら 楽しく か
そう
なんだかんだいって
I'm stil having fun, dammit.

ありがとう Megan

この話、結局変なところに着地しました
(途中 偏見に取られる文面もあるかもしれませんが、私は大の親米家です 悪しからず)




よかったが・・・

以前の記事に、某ペットショップをテロリストになぞらえて書いた。
気持ちは本気、内容はおふざけ。
過激にならぬよう、パロって書きながらも、ギリギリのラインを狙った。
書きたくもないし、願わくば思い過ごしであって欲しかった。
しかし、それは皮肉にも現実のものとなった。

こんなところで呟いたところで世の中の流れは止められない。
背景はそれだけ複雑だ。

自分に出来ることは、犬を飼う者として真っ直ぐと歩み、進むだけ。

すでに
あの店はなくなったが、何の解決にも至っていない。
表層と深層。
まだまだ、深い。


時代を映している人間劇場。

あの店内にはたくさんのウイルスがいた。
服を着たウイルスが。

売人に買人
似たもの同士

他人事ではなく、あれは自分も含めたすべての人間がそうなり得る。
人とはそういう生き物なんだ。

また、ここを感情の掃溜めにした。
怒りと悲しみ、自己嫌悪、表と裏。
受入れながらも、受け入れなれない、摩訶不思議な世界。
いつでも変わらない。
すべては見方しだい。

しばらくは快晴が続くらしい。
俺は喜び、誰かは悲しむ。
世の中とはそういうものなんだ。



やばい、重い。
音楽付けたらすぐ入ってしまう。
申し訳ない。