ペット同行避難

【ペット同行避難】この度の一連の地震で被災された熊本、大分をはじめとする九州一円の方々には心よりお見舞い申し上げます。
先週の土曜より我が家にペット同行避難をされていた熊本のご家族が、先程熊本へ向けここを出られました。

こちらは余震による揺れを感じることは一切なかったので、それが救いでした。  

あと、我が家の犬たちが心を癒してくれたのもあったようです。

大きな犬を触れないご家族だったのですが、最後はうちの犬とすごく仲良くなり、癒しの存在になったとのことでした。

アニマルセラピーってこういうことなんですね。


今回の被災家族のエリアでは少し地震も落ち着き、ライフラインの復旧や多くのスーパーなどが営業を再開されたということですが、まだまだ心配の種は尽きません。

特に子供さんの心の状態が心配です。

ワンコも地震当初便秘が続いていたので、まだ続く余震で再び患うかもしれません。



これ以上何もないことを祈るばかりです。
 

生活していただいていた二階の部屋がもぬけの殻なのを見て、少し寂しい気持ちになりましたが、帰れるということは、もう一度幸せを取り戻すための再出発なので、こちらも気持ちを強く持たないと。
次は避難ではなく、笑って再会できればと願っています。
がんばれ!!
スポンサーサイト

熊本・大分  ペット連れで避難されている皆様へ

【熊本・大分で犬を飼われている皆様へ】ビーチドッグでは、被災犬の避難を受け入れております。
長崎は余震等の影響もほとんどなく、安心していただける環境です。
日頃からペットホテル、飼育放棄犬の保護、訓練犬の預かり等をしておりますので、犬を預かるノウハウと環境は整っています。

現在は熊本市のご家族1組と、その愛犬1匹を受け入れ中です。

可能な限り送迎も致します。

お気軽にご連絡ください。

*場所:長崎県佐世保市里美町400-4
*電話:0956-46-0535
*環境:山の中の一軒家で、犬を走らせる庭もあります。※写真参照
自宅兼犬舎になりますので、24時間管理になります。
スタッフもいますので、1日2~3回程度庭で走らせたり、散歩に出たりできます。
フードやケージは十分ありますので、ワンちゃんだけでも大丈夫です。
費用はいただきません。
現時点では期限は設けていません。
犬種、年齢、大きさ、性格も問いませんので、飼い主さんから離れることに不安を覚えるような子でもご相談ください。

1日でも早く皆様が平穏な日常を取り戻されますよう祈っています。

震災

数日前に震災についての記事をアップしていましたが、いま操作を誤って削除してしまいました。
内容は詳細には覚えていませんので、覚えている範囲で書きますね。



地震が起きたとき、僕は四国の両親が宮城を観光中だとは知る由もなかった。
両親は津波が迫りくる中、松島を遊覧船で巡っていた。

津波は四国まで来るとは思っていなかったが、念のために電話をすると、携帯が繋がらなかった。
四国にいる姉に電話をしたら話中。
四国の兄に電話したら仕事中だった。
「地震?宮城で!?いま親は宮城に旅行中よ!」
「え???」

その後2台の携帯を使い何回も連絡を試みるが繋がらない。
しばらくしてようやく繋がったとき、両親の置かれている状況がにわかには信じられなかった。
母「急いで走って丘の上のお寺に逃げてきた。」

僕「津波が来てるの知ってる!?いますごい状況だから絶対に動いたらいかんよ!!」
充電の問題があったのでそれだけ言って切ったのだが、気になったのは、母たちがいま何が起こっているのかわかっていないことだった。
向こうはテレビもなければ電話もつながらない。
10mを越える津波がきたなんて夢にも思っていないはず。
もしも車やバスで移動を考えたら終わりだ。

その日は瑞巌寺で朝を迎えたようで、おにぎり一個と座布団一枚で雪が降る夜を過ごしたとのことだった。

それからもいろいろあったが、上手くバスや飛行機の手配ができ、松山に戻れることが決まった13日、僕は佐世保市島瀬公園で犬猫譲渡会を開催していた。

知り合いとはなしながらおもむろに猫班が開催しているフリーマーケットに目をやった。
お守りらしきものが売り出されている。。
「誰!?フリーマーケットにお守り出しているの!!」
そういいながらお守りを手にして本当に驚いた!
CA3E0139.jpg
「松島 瑞巌寺」
お守りの存在はフリマ担当スタッフも知らない謎のお守りだった。

両親の命を救った瑞巌寺。
そのお守りが偶然にも両親が返ってくる日に僕の手に。

他にも多くの偶然があったが、とにもかくにも僕たちは無事に生きている。
両親を始め、みんな生かされている。

命を大切にしようと思う。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ブリーダーへ