FC2ブログ

お別れ

10年前に兄から預かった子犬を育てた。
名前はポパイ。
性成熟をするころ、僕の家から兄の家へ種オスとなるため戻っていった。

そして時は流れ兄は亡くなり、この子を里親に出そうか検討している時、たまたま京都のお客様から「以前お迎えした子のお母さんを引き取りたい」旨のご連絡をいただいた。
お母さんはもういなかったが「おじいちゃんならいる」ということでお渡しが決まった。
先方は兄の件はご存じなかったが、このタイミングでこのお便り。
しかも、僕はその話が決まった直後には、たまたま仕事で京都に車で行く予定があった。

昨日お渡しをしたが、あの子、行くべくして行ったかな。

嬉しいけど、少しずつ兄の生きた証が消えていくようで悲しくもある。
このスライドは今回の子達がうちにいた時に作ったもの。
あの時はみんな若かったし、ギラギラしてた。
兄はもういない。
ポパイたちも頑張った。
兄の夢は何だったかなぁ。
ポパイたちのスライド
スポンサーサイト



兄(個人として)

カンボジア最後の日、兄嫁から一本の電話が入りました。「マサル君の状態があんまり良くないんよ。誰にも会いたがっていないけど、いーちゃんにだけは会いたいって言いよる。」
「いまカンボジアおるけど、明日戻るけん戻ったらすぐ行く!それを必ず伝えとって!」
兄は福岡の病院に入院中。
僕は福岡空港に翌朝7:35到着予定。
どうすることもできず、ただ祈ることしかできませんでした。
ただ、一筋の光としては、今年の新年早々に兄が意識を失い生死を彷徨いかけた期間がしばらくあったたのですが、兄の凄まじい生命力で完全復活をしたことがあったこと。
その再来を期待していました。
翌日、福岡空港には時間通りに到着し、仕事を無理して休んでくれた妻の運転で病院に向かいました。
誰にも会いたくないということだったので、病室には僕一人で入り、壁の方を向いて横になっている兄に声をかけました。
「大(マサル)兄ちゃん、きたよ」
パッと勢いよくこちらを振り返り目を合わせると、また無言で横になり目を閉じました。
胸で呼吸をし、すごく苦しそう。
体はとても痩せ細っていました。
しばらくは僕も言葉が出てこず、ただ兄の手を握っていました。
「お母さんと姉ちゃんが明日来るって。お父さんとたけちゃんは明後日じゃ」
と伝えると、ウンと頷きました。
「誰にも会いたくないって言いよったけん、かおると来たんやけど外で待たせとんよ。呼んでもいい?」と聞くと、ウンウンと二回頷きました。
妻が「マサルさんお久しぶりです」と呼びかけるとウンと頷きました。
僕が「お母さんの誕生日プレゼントは何がええ?」と聞くと、数秒考え込んだ後、かすれるような声で「任せる」と答えてくれました。
少しして「もうダメやわい。水も飲めんし食べれんのよ」とこちらを向きながら言うので僕は「なんも飲めんの?」と思わず聞き返すとウンと頷きました。
妻は「大丈夫ですよ!」と声を掛けてあげてくれました。
僕は悔しくて悔しくて、涙が止まらず「悔しいわい!悔しいわい!何もしてあげられんのが悔しいわい!」と思わず兄にもたれ掛かり泣き崩れてしまいました。
少しすると「なんか冷たいもん」と言うので、そこにあった飲み物を差し出したけど手に取らないので、冷蔵庫で冷やしたものが欲しいのかと思い妻に病院の売店までジュースを買いに行ってもらいました。
その間静かな時間になり、僕は兄の大好きな曲をかけました。
前回倒れた時はこの曲を気持ちよさそうに聴いていたので。
しかし、首を激しく横に振り拒みました。
妻が戻ってくると、力を振り絞るように起き上がりました。
慌てて電動ベッドも起こし、体勢を整えてあげ、ジュースを専用の容器に入れ手渡すと、グビグビグビグビと物凄い勢いで飲みました。
今度はタンが出るので、ティッシュを持って何度か処置をしてあげるとまた横になりました。
電動ベッドを少し倒してあげると、一度は横になりましたが、サッと鼻につけていた酸素を剥ぎ取るように外し「暑い」といい、服を一枚脱ごうとしました。
看護師さんの手伝いで脱ごうとしたので、僅かな間だけ席を外し、戻ってみたものの、結局は脱いでいなかったので、僕たちは濡れタオルで頭を冷やしてあげて、そこにあったカレンダーを団扇のようにして扇いであげました。
すると「トリ行こか?」というので「トリ?」と聞き直すとウンと頷きましたが、僕にはよくわかりませんでした。
それを見た妻が「様子がおかしい。すぐにお父さんとお母さんを呼んだ方がいい」というので、僕もそれは同感だったのですぐに電話を入れました。
戻ると今度は「オシッコ」というので、退室しようとしていた看護師さんを呼び止めて「オシッコしたいそうです」と言って僕は数歩離れて後ろを向きました。
その直後「藤川さん!!藤川さん!!」と大きな声がしたので兄のそばに駆け寄ると、瞳孔が開き口を開けた兄の姿が。
何度も何度も呼びかけ、最後には天を仰いで「お願い!お願い!お願い!」と叫びましたが、兄が目を覚ますことはありませんでした。
4/25 09:24
僕たちが病院に駆けつけて、僅か30~40分後のことでした。
数日前に交わした、兄からの「5/11にうどん食べに行こや」という約束も叶いませんでした。
ずっと家族6人が集まることがなかったので「5/13は母ちゃんの誕生日やけん、母の日も兼ねてみんなで福岡集まらん?」と提案し、進めていた計画も叶わず仕舞いでした。
兄はすごく楽しみにしていたようで「焼肉屋さんにケーキ持ち込めるか聞いてみんといかんの」と奥さんと話していたそうです。
2年間の闘病生活、兄は自宅でも一度も弱音を吐かなかったそうです。
兄は小学生の時から人一倍元気が良く、中学高校は誰も手がつけられませんでした。
その後の人生は映画のような人生で、破天荒や男気という言葉が安っぽく感じるぐらい、漢でした。
僕たち家族はどうやら兄のことが好きすぎて、この先どう過ごせばいいのか、、、少なくとも僕はわかりません。
嗚咽、失意の底、言葉では知っていましたが、全てが一気にやってくると立ち上がることもできないのだと初めて知りました。
兄が亡くなって、病院の安置所でも、葬儀場の控え室でも、お通夜でも、葬儀の最中も、僕はどうしても現実が受け止められず、頑なにお焼香とお線香を拒んできました。
でも、さすがに骨になった兄を見た時、数珠を手に手を合わせました。
すでに済ませた初七日の法要ではお焼香もできました。
少しずつ現実を受け入れていくのかと思います。
生前兄を支えてくださった皆様、この場を借りてお礼申し上げます。
僕も少し休んだら、今度は兄の分も生きようと思います。
大兄ちゃん、本当にありがとう!
心の底から大好きでした!

兄(ビーチドッグとして)

皆様、こんばんは。アメリカ-カンボジアからは4/25に帰国しましたが、完全に落ち着いたのは今になります。
というのも、皆様には悲しいお知らせがあります。
2012年以降にうちをご利用いただき始めた方はご存知ないかもしれませんが、ビーチドッグを始めたのは私藤川勇ですが、偶然熊本でブリーダーをしていた兄と「子犬の時から犬を幸せにするため」の考えが一致し、ずっと兄弟力を合わせて取り組んでいました。
2012年頃、兄は福岡へ移り、私は結婚をし松浦市から佐世保市へ移ったのを期にお互い完全に独立して事業を行うこととしました。
しかし、ビーチドッグにはその後も継続して「兄」の血が脈々と流れておりました。
特に私の考え方には兄の影響が大きく、常に心の支えとなっておりました。
しかし、去る4月25日午前9時24分、兄は2年の闘病の末他界しました。
4/24に兄嫁からカンボジアにいる私に「マサルくんの状態が良くない。誰にも会いたくないと言っているけど、勇くんには会いたいと言っているので、ぜひきてあげてください」と電話がありました。
私は「今カンボジアにいるけど、明日の朝には戻ります。そのことを必ず伝えてください」と伝え、ただただ時間が過ぎるのを待ちました。
翌日帰国したその足で福岡の病院へ向かうと、無事に兄と再会できましたが、とても苦しそうでした。
兄はまだ意識はあり、少し会話ができたのですが、僅か30分後に私の前で息を引き取りました。
ビーチドッグは兄のお陰でここまで来れました。
しかし、それはなによりも生前兄をお支え頂いた皆様のおかげであります。
故人に代わりこの場を借りてお礼申し上げます。
昨日無事葬儀を終えたのですが、まだ今日の夕方までは仕事が手につかない状態でした。
いまは少し立ち直れた気がします。
これからは兄の意思を引き継ぎ更なる飛躍を遂げたいと思います。

Thank you!

皆さんこんばんは。今日も生きてますか?
僕は…ボチボチです。
2007年
自分が信じるものだけが『この世』の全てだと思い、世界一になるために情熱だけを胸に、そして「犬は犬らしく 人は人らしく」あるためにthe Beach Dogスタート
あれから約12年。
無知で世間知らずで自分勝手だったボクもただのオジサンになりました。
でもね、ボクはまだまだ死んでませんよ。
あの頃にはあの頃の想いがあり、今は『今』の想いがある。
自分が「今」出せる力をフルに出し切り、「今」できる貢献をする。
その為の努力を重ね、成長を止めない(つもりでいる)。
この間、ボクは何が変わって何が変わっていないのか、よくはわかりませんが、どんな時も支えてくださる皆様へは只々感謝しております。
皆様にとって2019年が最高の年でありますように。

犬のために
人のために
ありがとう2018!
やったるで2019!
今年もありがとうございました!
最高に良いお年をお迎えください!!

一流はガチでスゲーわ!

スタッフ達と嬉野へ。

お茶と器と温泉の新たな試み。

お料理は銀座『六雁』のシェフが手掛ける「突き抜けた」世界。

尊敬する武智氏から教わった、いまでは敬愛するポールラッシュ博士の言葉。
Do your best, and it must be first class.
"最善を尽くせ、そして一流であれ"

ベストは誰だって尽くせる。
だけど一流はほんの一握りの人間だけかもしれない。

自己満足ではない世界。

職人や匠の世界を垣間見た。

スタッフ達と同じものを見て、感じ、価値を共有し合うことは大切。

僕たちビーチドッグはベストを尽くし、一流を目指さなければならない。
特に、命を扱う仕事だから。