葡萄の木

ヨーロッパなどでよく葡萄の木のオーナーになれるシステムありますよね。
葡萄畑のたくさんある木の中の一本のオーナーになるあれです。
畑の木それぞれにオーナーがいるあれです。
あれなんていうシステムなんですか?
すごく合理的ですよね。
お金のある人は資金を、土地のある人は畑を、働く意欲のある人は労力を提供する。
全てを一人でやるのって難しいですからね。

さてさて保護犬のことですが、かなり真剣に提案したいことがあります。
保護犬葡萄の木オーナーシステム

どういうことかといえば

自分も犬の保護活動に携わりたいけど何をしたらいいのかわからない、という方たくさんいらっしゃいますよね?
できること?あるんですよ、重要なことが。

犬の保護に必要なのは主に、費用、場所、犬の世話以上3つです。
犬の保護って難しくお考えの方もいらっしゃるようですがそんなことありません。
保健所行って、犬保護して、病院行って、餌やって、譲渡会に参加して、引き渡しておわり。
この間最短で2~3日、安ければ千円ぐらいじゃないですか。
譲渡会直前に保健所行って保護して、診察受けて、譲渡すればたったこれだけです。
ワクチン代や登録費は里親さんに負担していただくのですから。
くまごろう君とかこのパターンでした。

保護ってイメージがイマイチなんですかね、実際なんてことないです。
ペットショップが保健所に代わっただけのこと。
しかも費用は1/100程度!!
期間は数日から長くても数ヶ月預かればいいだけ。
簡単ですよ、ね??
我が家にトイプードルが1ヶ月くる、ぐらいの軽いノリでもいいんじゃないでしょうか。

ですが、全ての方がこれを一人で出来るわけではないでしょう。
忙しかったり、犬が飼えなかったり、お金に余裕がなかったり・・・・

そこでです!!

ドド~ン!!分業制!!

現在私の周りでは実質的に犬を保護しているのは自分も含めて2人。
2人で保護できる頭数の限界はおそらく8頭。
一時預かりさんに出したとしても13頭くらいでしょうか。
自分の飼い犬もいるので大変ですが、協力者の方の支援もありうまくまわっています。

ただこれから新たに、「保護したい、協力したい」という人が関わることになればどうなるか。
各地の保護団体のように何十頭も保護していたら別ですが、数頭しか保護してないのに人ばかり増えるというのもどうかと思います。申し出は大変ありがたいんですけどね。
小さい葡萄畑に足の踏み場もないほどの人が働いていては、土地は踏み固められて、やがて葡萄は枯れてしまいます。
ミイラ取りがミイラに・・・・

おそらく分業制を取り入れたらこういったことは解消すると思います。

まず、お金はあるが犬を飼えないという方、
犬1頭が保護できる費用(千円から1万円)を寄付すれば犬を保護したことといっしょのことだと思います。

次にお金に余裕はないが保護したいという方は、犬1頭を保護する。

そしてこの二人が手を組む。
費用はあなた、お世話はわたし。
二人で一つの命を支えましょ♪
里親さんは譲渡会で探しましょ♪

単純計算でこういった方が2,30組、年間を通して活動すれば佐世保市の殺処分は0になります。
数千円に数日で済むなら一人でできるぞっ!という方はお一人でやるのがいいでしょう。
長崎はっぴーあにまるの管理人のりこさんはお仕事と子育てもしながら、アフター5と週末を利用して何頭もの犬をお一人で保護されてるわけですから。
その気になれば、出来るはずです。
自分も仕事しながら3頭の世話をしています。


それから
私には、お金や土地よりも時間がありますという方は、犬のお世話をしてみてはどうでしょうか?
保護している方の中にはお散歩に行く時間がない方や、予定が合わず譲渡会に出席できない方もいらっしゃると思います。
そういった方の代わりに動けばいいのです。
週末はお散歩代行、月末は譲渡会出席代行。
素敵です!

譲渡会は葡萄にたとえると市場。
市場に働く人ばかりが増えても犬の保護は充実しません。
葡萄の出荷数も増えて、それを買い付ける人も増える。
これで十分だと思うのです。

一人一人が葡萄の木のオーナーとなれば力を分散することが出来る。
たった数日、数千円でいいのです。
譲渡会で決まらなければもう1ヶ月と餌代。
保護活動は里親さん探しが一番大変ですが、すでに譲渡会という窓口があるのでそれに関して苦労することはありません。


既に保護活動をされてる方のところに行って、「何か出来ませんか?」とたくさんの方が言っても、もう支援者もいらっしゃいますし、やれることは少ないと思います。
たくさん保護するのに必要なのはお金か餌で、犬を飼ってたらわかると思いますが、ほんとあんまりやることないんですよね。
譲渡会も同じです。
犬を運んで、係留して、決まれば届ける。簡単に言えばこれだけだから極端な話2人いれば出来るんです。
もちろんたくさんの協力者の方々の手に支えられているのですが。

保護活動がしたいのであれば文字通り保護することをオススメします。
各々がオーナーとなって責任持って譲渡する。
なにも保護してる誰かに協力する必要はありません。
譲渡会はエントリー自由です。
大いに活用していただいて結構です。
一人一人が動けばきっと明るい未来が待っています。

さて
前置き長くなりましたが、今日の本題はここからです。

先日のNHKプレミアム10でのオーバー・ザ・レインボーという野球チームの話、泣けましたね~。
もう一度観たいくらいです。

それから、リム君とアーケードをお散歩しました。
お風呂にも入ったし、噛む回数も減ってきて何とか家庭犬といってもいいぐらいになってきました。
まだ怖いときあるけど。
以上です。チュッ!
スポンサーサイト

息抜きに

子犬情報はこちら


いつもこっそりアクセス解析をしてはカウンターをチェックしているのですが、最近すさまじい伸びでなんだか嬉しくなっています。
一時期、更新サボっていたらひどいときは26人とかでした。
いまは目標の大台にも乗って毎日気持ちよくなってます。
見てもらって悪い気はしません。
ありがとうございます。

ここまで伸びたのはなぜかと考えると、やはり「保護」がデカイようです。
ですが、保護もいいことばかりではありません。
異常に疲れるんです。
保護自体は犬が増えるだけなので大した疲れにはなりません。
それ以外の事務作業だったり、理不尽な依頼の対処に振り回されるのです。
昨日今日もずいぶんとやられました。

そこで気分転換です。
かなり個人的な内容を書かせていただきます。
すみません。


皆さん音楽好きですか?
俺は音楽バカでした。
no music no life
CDだけでも数百枚、アナログ入れると途方もない枚数を所有しています。
機材もギター数本、roland vs-880、techinics sl-1200Mk3D2台、ミキサー1台、kaoss pad、akai MPC2000、アンプ2台等所有
最近はバカはつかない単なる愛好家ぐらいですが以前はバリバリやってました。


基本ジャンルレスでボーダレスですが、根っこに何があるのかと問われれば、間違いなくロックと答えるでしょう。
ロックとの出会いは15歳くらいかな。
多感な時期なんで影響受けると止まらなくなりますよね。
その後の人生にも多大な影響を受けたのではないでしょうか。

以前は邦楽をほとんど聴かなかったな。
当時持ってた邦楽のCDは「三代目魚武濱田成夫」とか「久石譲」とか「高橋竹山」とかだけかな。
洋楽には得も知れないリアリティが感じられたんです。
まさに生き様。
音で生き方表現するというか、生き様奏でてるというか。
パンクとか津軽三味線とかって生き様問われる感じじゃないですか。
そんなところが気に入ったのかな。

メジャーなとこで言えば、ガンズのアクセルローズ。
001axl.jpg

彼は神のような存在だ。
ここではとてもじゃないが語りつくせない。
明日の夜中まで語る自信あり。
簡単に言うと、彼は世の中に中指立ててた。
それでいて繊細で影があるというか。
ライブも見たことあるが、やはり群を抜く存在感でした。
孤高の存在で行き過ぎたセルフィッシュ感がかっこよく、
これほど自由に生きれるものかと憧れを抱きました。
いまでもNo.1です。

アクセルとくればカートか。
10006103C~Nirvana-Kurt-Cobain-Posters

彼の影響力は途方もなかった。
日本中が真似をした。
確かにかっこよかったもんな。
人気絶頂期、彼は結局自殺した。
彼の人格は故郷のアバディーンと深いつながりがあるといわれている。
年中雨が降り、失業率が高く、自殺者がアメリカでも指折りの田舎町。
俺はそこに実際に行ってみた。
単なる田舎町だったが確かに華やかさはなかった。
彼が生きていたらいったい何をやっていただろう。
元々利き腕は右だったにもかかわらず左利きに変えるほどの天邪鬼は、最終的に生きることを拒否するほどへそを曲げた。
故に伝説なのだろう。

続いてはトレント レズナー。
trent_reznor-wt2.jpg

彼はナインインチネイルズというバンドで知られている。
彼は変わり者だ。
チャールズマンソンが殺人を犯した家を買い取り、スタジオは元火葬場を改装。
マリリンマンソンを発掘した人としても知られている。
PVは放送禁止のものが多々ある。
一部を見たことがあるが吐き気がするほどエグかった。
彼のライブも見たことあるが正気の沙汰ではない。
痛みを叫び、手当たり次第に破壊していく。
ライブのあとは破壊された楽器の破片があちらこちらに散らばっていた。
マリリンマンソンのライブも96年に最前列で見たがボトルを割り自分の胸を斬り血を出していた。
この集団は異常だがティーンにはたまらない魅力がある。

長くなってしまってるな。
最後は二人いっぺんに紹介だ。
ジョンとフィル。
Korn-Photograph-C12148784.jpg
l2201cd8301fb3c2a46ffe2wd7.jpg

ジョンはKornというバンドのフロントマン。
Kornも痛みを叫ぶ。
彼のライブも見たが、彼は後半になればいつもステージで泣きじゃくる。
幼少期のトラウマについて歌うからだ。
斬新な音楽にもその歪は表現されている。
1stアルバムはとにかく革命的だった。

フィルはPanteraのヴォーカルだ。
ギターリストは3年前、ステージ上で演奏中に銃殺されたことで話題となった。

フィルは信念の固まりだ。
発言や音楽全てに信念が感じられる。
徹頭徹尾フィルでいる。
いかなるときも自分でいることは難しいが、彼は彼でしかない。
いまだに雑誌に出れば買ってしまう。
発言がためになるからだ。

結局みんなの共通点はオリジナリティがあり、そのオリジナリティに説得力があることだろう。
唯一無二な芸術はこの世にたくさんあるにせよ、力強くこちらに訴えかけるほどの説得力を持ったものというのはほんの一握りに過ぎない。
彼らの音楽はいまだ色あせず俺をノックアウトする。
悔しいほどに。


独りよがりで退屈なブログですが、たまにはこんなこともさせてください。

またいつかころあい見計らって邦楽特集もやりたいと思います。
DJ KRUSHやTHA BLUE HERBについて書きますから。

DD4Dが育てた子犬情報はこちら

拾う神あり

シーズーのまる君は西海市に行きました。
子供さんはずっと鼻歌歌ってるというなんともご機嫌なご家族。
まる君改め「けん君」です。
DSC05551.jpg

まる君は性格が難しい子なんです。
散髪するのもかなり大変だったんだから。
おまけに角膜炎だし。
しばらくは大変かもしれませんね。
宜しくお願いします。

それからダブルホワイトのかたわれです。
「クーちゃん」
DSC05556.jpg

ハウステンボスの近くのあったか家族に決まりました。
ベリーちゃん家のご紹介です。
この子のことはよくは知らないけど今回決まらなければ月齢的にかなりやばいと思ってました。
もう3ヶ月過ぎたら性格ねじれてくるんですよね。
すでに人に対して唸ったりしてましたし。
社会化期の失敗だけは避けないといけません。
早く里親さん決まって外の世界を知ってもらわないと。
そんなことも含めて決まってよかったです。
まぁ先住犬のマルチーズたちと仲良くやっちゃってくださいな。

続いてくまごろう君
佐世保市に決まったのですが、またまたベリーちゃんに縁あってかベリーちゃん家のかなりのご近所です。
DSC05543.jpg

くまごろう君には信じがたい話があって・・・お母ちゃんは小型の雑種らしいのですが、お父ちゃんは黒ラブらしいのです。
????????そうかも・・・ね????
実物は全くそうは見えませんが、確かに写真ではそんな感じです??ね??
黄色いパンダさんが保護されたムッシュ君も飼い主さん曰く「ゴールデンのMIX」ということでしたが・・・
ベリーちゃんも里親さんに言わせたらゴールデンのMIXの様な犬らしいですからね。
DDも小さいときはいろんな人からゴールデンといわれてましたから、犬の大半はゴールデンなんでしょうね。
くまごろう君の里親さんも素敵な家族で、とりわけ小学生の娘さんは将来美人になりそうな・・・そういった意味でもこれから目が離せないといった感じでしたね。
旦那さんに「ワンちゃんのお名前はくまごろうでいいですか?」と聞いたら、しぶしぶ「はい」と言われた。
できれば変えて欲しくなかったので「はい」としか答えようがない聞き方にしちゃいました。
だってぇ、くまごろうがぴったりですよね~。
幸せになってください。

最後はスマイリーの家に行きました。
あいつはばかだったなぁ。
これ見てください。
DSC05483.jpg

ばかでしょ~。。
DDとは本当にいいコンビでした。
お笑いコンビでしたね。
近所なのでこれからも遊べたらいいのですが。


次回の譲渡会は3月末ぐらいですかね。
次回は2ヶ月の子犬が参加予定です。
それから譲渡会についてなにか提案などはありませんか?
日曜がいいとかプレゼント抽選会やビンゴ大会もいっしょにやってくれとか。
焼肉しながらやりたいですね。
おでんかな。
餅拾いか。
チェリーの種飛ばし大会。

う~ん、いまのままでいいですね。

あ、ちゃこちゃんはボズさんとこに一時預かりしていただきました。
自分でしつけをしようと頑なに外に出すのを拒んでいたのですが忙しくなり諦めました。
欲張りはダメですね。
ボズさんお願いします。
それからはなちゃん。
譲渡会終了後にお電話があり、一時は里親さん決まった!!のですが、、やっぱりダメでした。
残念・・・

おっと、最後に
譲渡会で決まらなかった犬は殺処分されるんだって、という噂を聞いたことがありますが、全くそんなことはありません。
決まらない犬は何度でもエントリーしますし、いままで決まらなかった子は一頭もいません。
みなさんのおかげなんですね。
ありがとうございます。
とにかく殺処分だけはしませんからご安心を。

譲渡会しゅ~りょ~!

先ほど(今日予定されていた)全犬猫の引渡しも終わり譲渡会も本当の意味で終了しました。
里親様のご都合で後日引渡しの犬猫もいるけどね。。

今回は新提案採用で日曜日に開催。
そういったこともあってかたくさんの方に脚を運んでいただきました。
DSC05520.jpg


エントリーした子は犬8頭猫4頭。
そのうち犬5頭猫4頭の里親さんが決まりました。
いい感じですね。

残念ながら決まらなかった子はスマイリーを見習って次回頑張りましょう。

ということで今回のハイライトはスマイリーの正式譲渡決定でしょうか。

前回はバカみたいに笑顔振りまいていたのが仇となって里親さんが決まらなかったスマイリー、今回はリベンジということで張り切ってました。
DSC05533.jpg

今回は前みたいに笑うな!神妙な顔しとけ!とのアドバイスが効いたのか、諦めかけていた譲渡会中盤に里親さんが決定!
捨てる神あれば拾う神あり
ということでよく頑張りました。
ちと、悲しいですけどね。

今晩は疲れたのでこの辺で勘弁してください。
しかも家で留守番していた犬たちがウンコまみれになってたんで洗わないといけないし・・・・

詳しくは&残りの拾う神の話は後日!

来て下さった里親希望の皆さん、お友達の皆さん、ありがとうございました!
これからも宜しくお願いします。。。

第6回犬猫譲渡会開催 と 第3回千代大会開催のお知らせ

the Beach Dog & 長崎はっぴーあにまる 主催
第6回・犬猫の譲渡会

日時 : 2月17日() AM10:00~13:00 ( 少雨決行・荒天順延 )
場所 : 木場田公園 ( 佐世保市役所裏 )


「the Beach Dog」と 「長崎はっぴーあにまる」では、
保健所より保護した犬や猫たちや里親さん募集中の犬や猫たちと、
これから犬や猫を飼おうと思っている方の架け橋になれればと思い、
第6回「犬猫の譲渡会」を開催することになりました。

これから、犬や猫を飼おうと思っている方は、
行き場のないわんこ&にゃんこの中から家族に迎えて頂けませんか?
ぜひ、可愛い犬猫たちに会いに来て下さい。

 里親さんを希望される方へ

当日、直接わんこ&にゃんこに会いに来られ受付をして下さい。 
気に入ったわんこ&にゃんこがいた場合は、
こちらの譲渡条件と合いましたら、里親さん決定となります。
里親さん決定後は、誓約書に署名・捺印をして頂き、
飼育環境の確認のため、後日こちらかお届けすることになります。
保健所から保護した犬猫たちは、全て病院での健康診断済です。
佐世保市への犬の登録もしていますので、
登録料3,000円のみ負担して頂きます。
(ワクチン接種済みの場合は、そちらの代金も負担して頂きます。)
個人で里親募集をされている犬猫につきましては、
医療費などの負担などは直接話し合いをされて下さい。

 里親さん募集中の方へ

個人で犬・猫を保護され里親募集をされている方、
自宅で生まれた仔犬・仔猫の里親探しをされている方の
エントリーを2月15日(金)まで受け付けています。
当日は早めに来て頂き、各自、設営などの準備をして頂きます。
犬・猫を入れるケージ、つないでおくリード、水入れなどは、
各自ご用意をお願いします。
里親を希望される方とは、直接話し合いをして頂きますが、
譲渡条件はこちらに合わせて頂きます。
自宅で生まれた仔犬・仔猫をエントリーされる方は、
今後、親犬・親猫に避妊・去勢手術をして頂くことが条件となります。
またその他、ご家庭の事情で犬猫を手放される方は、
その理由をお聞かせ下さい。
理由によっては、お断りすることがありますのでご了承下さい。
( 明らかに、飼育放棄と判断した場合 )

里親さん募集中の方のエントリー、ご質問などは、
こちらへのコメント または 「長崎はっぴーあにまる」のHPよりお願いします
(里親さん条件もHPに掲載しています。)
優しい里親さんとわんこ&にゃんこに、素敵な出会いがありますように…

今度はがんばるワン!!
DSC05006.jpg

第3回千代大会は脱臼のため休場いたします。

会計報告

保護活動を始めるにあたり多くの方々からたくさんの寄付等ご支援をいただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。
会計報告1月分
物品等
・N様(佐々町)    缶詰10缶、ヒーター1つ
・K様(佐世保市)   ドッグフード17Kg、お散歩清掃代行、カラー2つ、ペットシーツ100枚
・M様(佐世保市)   カラー、ハーネス、リード、ケージ、チェーン、ドッグフード約3Kg
・Y様(佐世保市)   カラー等
・I様(小佐々町)    ドッグフード6Kg
・T様          ドッグフード6Kg
・O様          ドッグフード約3Kg
・A様(佐世保市)   おやつ等
・S様(佐世保市)   犬小屋3つ
・Uちゃん様       お散歩掃除代行

寄付金
収入                      支出
・N様(佐々町)  5,000円         交通費 1,000円      
・N様(佐世保市) 10,000円
・T様(有田町)   1,000円
・Mちゃんママ様  2,000円
・M&N様      2,000円
              合計         19,000円
*M様より寄付金102,100円頂きましたが、長崎はっぴーあにまるさんに管理していただいております。ご了承ください。

医療費等主な支出は長崎はっぴーあにまるさんに負担していただいております。詳しい会計報告はこちらをご覧ください。
特別ご指定のない寄付に関しましては、長崎はっぴーあにまるさんに一括管理していただいております。ご了承ください。

愛すべき犬たちのために大切に使わせていただきます。
ありがとうございました

パパバジルコバジル

最近なんだかギスギスした話題が多かったのでここらで明るい話題を一つ。

バジルパパになりました。
2匹のコバジルの誕生です!!
バジルの赤ちゃん

この前まで赤ちゃんだったバジルがもうパパになるなんて。
犬の成長は早いですね。
しばらくするとバジルがジジバジルになってるんでしょうね。

コバジルのことは兄のブログプレシャスパピーでも載ってるよ。
これからが楽しみなコバジルたち。

またご報告しますね。

その後

先日書いた「アート犬」の「その後」についての記事を先ほど知り合いが教えてくれました。
アート犬とはこれです。
餓死していく犬を「アート」と言ってたそうです。
6ae00b397c1cfa1958ba1dea412d1234.jpg

029f32c31b6ddec2b8347b798de03144.jpg

093d1d34e7b57ca9a62b69cdd9c8b1e0.jpg

e7ffe4d8a8a18568382d961bd6013b43.jpg

だらだら長いですがこれ↓が「その後」です。


ある芸術家が餓死寸前の犬を展示して「犬の餓死」という芸術を発表した。しかもこれはまだ最初の布石に過ぎず、私が表現しようとする芸術の準備段階だと宣言した。「犬の餓死」だけでも非人道的なのに、それが準備段階に過ぎないと宣言したことで、様々な人から非難が集中した。ネットでは芸術家のブログは炎上し、自宅には反対するグループが押し寄せ、それらをマスコミが取り上げ更に盛り上がり、収拾がつかない程に社会問題化した。

それを受けて芸術家は新たなコメントをした。次の展示に使う犬は保健所で処分される予定の犬を使用することにします。助けたい人がいらしたらどうぞご自由に。次の展示が行われる日、展示される美術館では初めて開館前に行列ができていた。鉢巻をして襷をかけたいかにも抗議団体ですという集団や、興味本位で初めて美術館に訪れましたというような一般人、そしてそれらを面白可笑しく撮ろうする撮影人。100人以上の人が集まっていたので美術館はいつもより早く開館した。開館するや否や、皆早足で「犬の餓死」が展示されている前に集まった。前回と同じように動く元気もないような犬が元気なく伏せっていたが、そこに立ててあった看板だけは前回と違った。「助けたい人がいらしたらどうぞご自由に。」展示の前に集まった皆が静かに周りを伺う。多くの人が降りる停留所なのに停車ボタンを皆なかなか押さないバスの空気に似ていた。そんな中一人の老婦人が静々と手を挙げた。この犬を引き受けたいのですが。すると奥から芸術家が現れてわかりましたと犬の縄を看板から解き、老婦人へと手渡し、また奥へと下がっていった。縄を受け取った老婦人が屈み「もう大丈夫よ。」と犬の頭を撫でると自然に拍手が巻き起こった。

しかしそんな中、芸術家は奥から飄々と現れ、また連れてきた犬を看板に繋いだ。どういうことだと詰め寄られるが特に気にすることもなく、今日は10匹連れてきましたから後9匹いますよ、と答えた。人々は唖然としたが一度できた流れは変わらず、次々と挙手する人が現れた。自分が引き受ける、いいや自分が引き受けると、我先にと手を挙げた。芸術家は機械的に受け渡しを9回済まし、その日の展示は終了した。マスコミはその様子を何度も放映し、国民もその美談に酔いしれた。

芸術家はその後も精力的に展示を行ったが「犬の餓死」が完成することはなかった。どこの美術館でも用意した犬は全て貰い手が現れたからだ。それは数を増やしても変わらなかった。展示の度に生成され続ける美談が一大ブームを作っていたからだ。そしていつしかある噂が囁かれていた。あの芸術家は処分予定の犬達を救うためにこんな展示を始めたんじゃないだろうかと。

しかしある時、芸術家は突然展示をやめた。ブームの最中だったから人々は不思議がった。そしてとある記者が尋ねた。「噂では処分予定の犬を救うためにこの展示をしていたとのことですが本当でしょうか?」芸術家は答えた。「いいえ違います。それにもしそれが目的ならば展示をやめるなんておかしいでしょ?」もっともな話だった。「では何のために展示をして、そして何故展示をやめられるのですか?」芸術家は答えた。「それはこれからわかります。そして私の準備はこれで終わったので展示をやめます。どうぞ皆様これから行われる出来事をお楽しみください。」展示は終わった。

謎めいた発言は一時的に話題にはなったものの、その後も特に何かが起こるわけでもなかったので、すぐに忘れ去られた。そして数ヶ月後。奇妙な現象が起こり始めた。全国各地の公園などに痩せ衰えた犬が次々と放置され始めたのだ。「助けたい人がいたらご自由に。」と書かれた言葉と共に。引き受けたはいいものの、流行と偽善の気持ちから挙手した人が殆どで、数ヶ月もする頃には飼うことが嫌になっていた。どうしたものかと考えつく先は皆同じで、それが芸術家と同じような手段だった。直接捨てたり保健所に連れて行くよりも心が痛まない。悪いのは助けることができたのに、助けることなく見ていたやつだと。かくして「犬の餓死」は完成した。多くの人の手によって。



これが本当の話かどうかはさておき、犬の餓死という点を除いてはすごくよくできた話だと思う。
犬が餓死したことを争点にあげていてはこのストーリーの真実は見えてこない。

18歳のときDonovan というミュージシャンが好きでよく聞いていた。
彼の歌にUniversal Soldierというタイトルの曲と The War Drags On という曲がある。
今回のこの話を読んで、この2曲を思い出した。
どことなく似てるのだ。
内容はこんな感じだった。

ある兵士は戦争を終わらすために戦っていた。
国のため、神のため、兄のため、蟹のため
しかし、その兵士のその行動が戦争を終わらせないでいることに気付いていない。

ある兵士はこの世の中から戦争がなくなって欲しいと願っていた。
すると空にきのこ雲が現れた。
そして戦争はなくなった。
同時に世界もなくなった。

反戦、エコ、ボランティア、保護・・・・こういう言葉を聞く度にいつも考えさせられる。

うちの母は自分がまだ小さかったとき、仕事が休みの時には自転車の後ろに自分を乗せて、保育園まで送ってくれた。
道中、自転車を止めては空き缶を拾い、また進んでは拾い、小さなほこらを見つけては手を合わせ平和を祈っていた。
けして大したことはしてないが、これが当たり前であり大切な行動なのだろう。
その行動にはボランティアや反戦、エコなんて言葉は当てはまらない。
ブームや偽善、自己満足ではない。
人として当たり前の行動。
動物愛護週間や動物愛護団体なんていらない。
いつでも愛護で誰でも愛護。
人は環境を保護するほどの身分ではなく環境に保護される立場。
考え出したら止まらない。
助けてボブディラン。

出てました

もうずいぶん前(1月末?)のことだけど「ぽちたま」というテレビ番組に愛犬DDといっしょに出演しました。
集合 005

DDのお友達のジュリアンちゃんと金太郎くんもいっしょです。

DDは「木登り犬」ということで出演でした。
リハでは2,5mくらいの高さの木に登っていたのですが、本番ではそれを拒否。
本番に弱いところは飼い主似なんでしょう。
こんな感じでした。
  ↓
集合 009

これじゃただ飛び乗っただけですね。
かっこつけようとしたらダメということか。


テレ東ではもう放送終わったけど、テレ東がない地域ではそのうち放送ということで。

子犬情報はこちらから→the Beach Dog 子犬情報(一部製作中)

シーズー♂保護しました

以前ちょっとだけ書いた保健所にいたシーズー君を保護しました。
この子は保健所時代に里親さんが決まりそうだったんだけど残念ながら・・・・
結局私達が保護することに。
今はりこさんところで一時保護中です。

「仮)まる君です♪」
DSC04989.jpg

まる君()はまだまだ若い感じです。
おそらく1歳半ぐらいかな。
体重は7キロ
6種ワクチンを接種しました。
検便、フィラリア、ノミダニ、心音はすべてO.K!無問題です。
ただ角膜炎なんです。
でもすぐ治るんじゃないかな。
それから来週トリミングに出します。
かっこよくなるぜ~!

まる君についてのご質問、里親さんをご希望の方はメールフォームにてご連絡ください。

最近ビーチドッグと長崎はっぴーあにまるさんに保護依頼や野良犬、捨て犬、迷い犬等の相談が多く寄せられます。
自分も一人でやってますし、りこさんも一人でやってます。
保護団体ではありません。
長崎はっぴーあにまる(団体名ではなくサイトの名前です)さんとは相互支援をしてるので一つの団体のようになってますけどお互い単なる個人なんです。
アドバイス等はできますが、支援や保護までは・・・・
ご了承ください。


いろいろなところで保護団体と表記されてるのと、保護するだけしてそれ以降はこちらにまかせっきりの方がポツポツいるので一応書いときました。

それから、わざわざ書く必要はないと思いましたが、いわゆる「アート犬」についてのマイオピニオンを。

実に興味深い出来事だと思います。
artistの訳し方はこの場合芸術家ではなく表現者くらいが適切なんでしょう。
何かを表現してるんですね。
どうやら偽善を表現してるようです。
餓死や死だけが表現されてるわけではないんですね。
I won’t say the dog died.
The importance to me is the hypocracy of the people where an animal is the focus of attention where people come to see art but not when it’s in the street starving to death.
The same thing happened with poor Natividad Canda.
The people sympathized with him only after he was dead,
↑作者談です。
アートとしては非人道的ですが
いいたいことわかります。
アートとは称されてませんが、同じような運命の犬は日本でも保健所や悪徳ブリーダーの犬舎に行けば毎日会えます。
このアーティストはきっと自分の何倍も動物愛護者なんでしょうね。
動物嫌いはこんなことしません。
動物嫌いは路地裏で野良犬蹴飛ばしたり鳩の餌に毒を盛る程度です。
愛情のはき違えや溺愛は犬に良くないといいますが、この人の溺愛ベクトルは方向といい強さといいちょっと飛び抜けてますね。

真実を訴えかける勇気、反対の署名する勇気、どちらも称えたい気分です。
が、真実は変わらないんですね。
餓死の表現をやめさせても、また明日どこかで誰かが命を捨てているという現実。

我が国日本もコスタリカの路地やニカラグアのエキスポと大して変わらない。

本件は写真が残酷なぶん真意が伝わりにくくなってますが、きっとこの人が生体でなく紙(文章、写真、絵等)で表現していればずいぶんと評価は違ったのでしょうね。
動物達のレクイエムの実写バージョンみたいなものかなと自分は捉えています。。。

コスタリカの路地裏が、日本の現実がニカラグアのエキスポに登場。
人間は汚点をさらけ出されると隠そうとする。

ということで自分には究極の保護活動と映りました。
賛否の明言は避けさせていただきます。

タマとイノシシとワタシ



最近尋常じゃない忙しさに、もう爆発5秒前ですっ!!

TBD悲しいニュース速報・・・
このクソ忙しいときにまたもやイノシシと衝突したDD4D君。
半泣きの模様です・・・
今回のイノシシもかなりの巨漢だっとの運転手談。
車はウインカーなどが大破。
乗っていた犬13匹は無事とのことでした。
そして、前回は6回転したイノシシ君ですが、今回は5回転と結局記録更新はならず。
残念!!
「次はがんばります♪」と鼻歌交じりで去っていったとのことでした。

次は、お待ちかね!今日のスマイリーのコーナーですっ!
いつも笑顔のスマイリー君。
そんなスマイリーのあまりの笑顔にムカついたDD4D君は、ある日、スマイリーを懲らしめてやろうと「スマイリーを泣かそう!!同好会」を結成したのだったのだ!!ヤァ~!!
憎たらしいこの笑顔なんとかならんのか!
え~い、麻酔で眠らせろっ!
ということで、注射をぶち込みました。
意に反してまだ笑ってます。
「うへへ♪」
DSC05006.jpg

ムカつくわー!さっさと寝ろ!!
「ハ~イ!」
DSC04998.jpg

ムキー!!
「皆の者!!タマを取れー!!」
「ははぁ!」
シャキーン!ブスッ!グサッ!   ポロリ・・・
スマイリーのタマ

「ン・・・ン・・・・」
DSC05019.jpg

「もう一回~♪」
DSC05008.jpg

どんだけー!

避妊去勢は不幸な子を減らすかも。
スマイリー君の里親さん募集しています☆




最近なぜ忙しいかというと、、、、竜宮城に行ってたからです。

大変だ!
DSC05383.jpg

亀が犬にいじめられている!
大丈夫ですか??
DSC05386.jpg

もうだめかめ・・・
苦しいかめ。

なにをおっしゃるかめ!!
頑張るんだかめ!!


もう寝ます。
おやすみなさい・・・・