渋谷ぶらり旅

以前から「このままでは日本から雑種(ここでは敢えてミックスとは言わない)がいなくなるのでは」と危惧していた。

農家の納屋を住処とし、おそらく有史以前から番犬業を生業としている、日本では歴史のある『血統書付き雑種』。(良し悪しは別として)
創業200年なんてもんじゃない。
数々の学校帰りの子供達を震え上がらせてきた、あの「匠の吠え」は、決して室内犬には真似できない。
口癖は「犬歯は使うためにある」
何が混じってるかもわからないので、逆に犬種として独立していると言ってもいいぐらいの『固有種』。

だが、時代の流れなのか、いまではノスタルジックな存在になってきた。

特に東京ではそうらしい。

雑種を連れて渋谷を散歩していると、ペットプロダクションの方に声をかけられ「テレビ番組の再現シーンで、制作会社から雑種の依頼が多いけど、東京には全くいないんです!」とのことだった。
戦後の闇市のシーンや捨てられた野良犬のシーンなどニーズは多いらしいが、いかんせん絶滅危惧種。

渋谷を歩いている方からも「こんな犬最近見かけないねー!どこで手に入れたの?」と何度か聞かれた。

「雑種」ではなく「ミックス」
「犬」ではなく「ワンコ」
「飼い主」ではなく「パパさんママさん」
「餌」ではなく「フード」
「コラー!」ではなく「ダメよ」

何がいいかの問題はさておき、この風潮はどこか引っかかる…

個人的に一番好きな犬種は「雑種」だ。

人は自分に似た犬を飼う説。

僕は「中型雑種愛好家」だと自負している。
それは自分自身を投影しているのかもしれないと、薄々どこかでは思っていたが…
雑種を連れて、軽四で車中泊しながら日本中を回っている自分を客観視してみると、やっぱりそうなんだと笑えてきた。

雑種に雑穀に雑草…

日本の風景を織り成す雑多なやつらは、目立たぬも日本の名脇役。
時に迷惑がられ、引っこ抜いても、追い払っても、雑にそこら中で生き延び続ける、やたらと生命力だけはあるやつら。

でも、見かけなくなると、大切な何かを失った気がする。

雑草に変わり、東京には綺麗な植物が植え込まれていた。
麦飯もいまでは高価なデトックス。
カタカナで覚えられないぐらい名前の長い、本でしか見ないような美しいワンちゃんが、楽しそうにお散歩していた。

名もなき犬種「雑種」

東京で人だかりの中にいるうちの「犬」を見て、複雑な思いになった。
スポンサーサイト

ペット同行避難

【ペット同行避難】この度の一連の地震で被災された熊本、大分をはじめとする九州一円の方々には心よりお見舞い申し上げます。
先週の土曜より我が家にペット同行避難をされていた熊本のご家族が、先程熊本へ向けここを出られました。

こちらは余震による揺れを感じることは一切なかったので、それが救いでした。  

あと、我が家の犬たちが心を癒してくれたのもあったようです。

大きな犬を触れないご家族だったのですが、最後はうちの犬とすごく仲良くなり、癒しの存在になったとのことでした。

アニマルセラピーってこういうことなんですね。


今回の被災家族のエリアでは少し地震も落ち着き、ライフラインの復旧や多くのスーパーなどが営業を再開されたということですが、まだまだ心配の種は尽きません。

特に子供さんの心の状態が心配です。

ワンコも地震当初便秘が続いていたので、まだ続く余震で再び患うかもしれません。



これ以上何もないことを祈るばかりです。
 

生活していただいていた二階の部屋がもぬけの殻なのを見て、少し寂しい気持ちになりましたが、帰れるということは、もう一度幸せを取り戻すための再出発なので、こちらも気持ちを強く持たないと。
次は避難ではなく、笑って再会できればと願っています。
がんばれ!!

「おいで!」「まて!」できるようになりました♪

【プライベートレッスン】トイプードルちゃんのしつけのプライベートレッスンです。
ずっと頑張られている飼い主さん。
 
今日はノーリードでの呼び戻しや、走り回っている状態でのマテ、ノーリードハイキングほか、様々な実践的な練習を行いました。

飼い主さん曰く「まさかうちの子がここまで出来るなんて!!」という状態。

上手すぎるー(>_<)
感心感心。
理想のドッグライフまであとは少しですね♪
お疲れ様でした。

■5/4はビーチドッグ9周年感謝祭『里帰り会』を開催します!!
ビーチドッグを立ち上げた松浦市の海で、みんなで楽しいひと時を過ごしませんか♪
ぜひお越しください(^-^)/
詳細はfacebookイベントコーナーにて

熊本・大分  ペット連れで避難されている皆様へ

【熊本・大分で犬を飼われている皆様へ】ビーチドッグでは、被災犬の避難を受け入れております。
長崎は余震等の影響もほとんどなく、安心していただける環境です。
日頃からペットホテル、飼育放棄犬の保護、訓練犬の預かり等をしておりますので、犬を預かるノウハウと環境は整っています。

現在は熊本市のご家族1組と、その愛犬1匹を受け入れ中です。

可能な限り送迎も致します。

お気軽にご連絡ください。

*場所:長崎県佐世保市里美町400-4
*電話:0956-46-0535
*環境:山の中の一軒家で、犬を走らせる庭もあります。※写真参照
自宅兼犬舎になりますので、24時間管理になります。
スタッフもいますので、1日2~3回程度庭で走らせたり、散歩に出たりできます。
フードやケージは十分ありますので、ワンちゃんだけでも大丈夫です。
費用はいただきません。
現時点では期限は設けていません。
犬種、年齢、大きさ、性格も問いませんので、飼い主さんから離れることに不安を覚えるような子でもご相談ください。

1日でも早く皆様が平穏な日常を取り戻されますよう祈っています。

ゴールデンレトリバー 子犬幼稚園

【子犬の預かり訓練とペットホテル】
しつけでお預かり中のゴールデンくんとペットホテルでお預かり中のゴールデンくんの幼稚園タイム(*^^*)





何も言えね~(≧∇≦)

巣立った子犬のアフターフォロー

【ご飯を食べない子の対処】
我が家から巣立った子が帰ってきています。
なんでも、ご飯を食べないそうで、一応以前からアドバイスはさせていただいているのですが、難しいということで預かりの依頼を受けました。

我が家からお迎えいただいた子は、犬の相談事はしつけも含め、アフターフォローをさせていただいています。

子犬は大人になるにつれご飯を食べなくなりますので、それの対応ももちろんサービス。

きっとすぐに良くなりますよー!!
今日もしっかり食べたしね(*^^*)

あと、お散歩もバッチリ上手でした。

※facebookに動画をあげていますので、ご覧ください
ビーチドッグではノーリードで遊べる子に育ててからお渡ししています。
この子ももうすぐ一歳になりますが、いまでもバッチリでした。

子犬の販売ではなく、意識としては楽しいドッグライフの提供を生業とさせていただいてます。
価格は生体代ではなく、それの対価です。
犬はペットではなく、楽しい生活のパートナー(^-^)/
しつけはそのための約束事やルール。
人間社会でいう法律やマナーといったところでしょうか。
法律は締め付けるべきものではなく、権利を保障されるべきものなのなわけですから。
■健康だけど餌を食べない子、ご相談ください。
すぐに改善します。
例)以前に比べゆっくりしか食べない
例)時々フードを残す
例)床にばら撒くと食べる
例)手から一粒ずつなら食べる
例)餌の種類を変えると食べるがら数日したら食べなくなる
例)手作り食や缶詰などを混ぜないと食べない
例)フードの入った器を鼻で押したり、毛布で蓋をするなどして食べない
などなど
0956-46-0535 ビーチドッグまで

ボーダーコリー しつけ

【お預かり訓練】
長らくお預かりしていたボーダーコリーが飼い主さんの元へと帰って行きました。

最後の日の遊びの様子です。


しつけ教室のご報告 諫早 福岡 長崎

【しつけ教室 グループレッスン 諫早・福岡・長崎】

最近皆さんの成長がすごい!!

最初待てなかった子が、どんどん待てるようになってきました!!


しつけは一朝一夕にはいきません。

飼い主さんの根気が大切。

これからも理想の生活目指して、一緒に頑張りましょう!

明日開催 しつけ教室(諫早、福岡、長崎) 参加者募集中

明日4/9(土)諫早市と福岡にて「犬のしつけ教室 グループレッスン」を開催します。
(4/12に長崎市でも開催します)

このしつけ教室は、犬のしつけに大切な基本的なスキル、より楽しく生活するための知識、問題解決の手段などを学んでいただく内容となっております。
本やネットではわからない、より詳しいしつけ方、個別の問題に合わせたしつけ方をレクチャーいたしますので、お気軽にお申し込みください。
初めての方も大歓迎です(^-^)/

■4月9日 10:00~12:00
諫早グループレッスン!!
場所>>長崎県立総合運動公園
            レストラン前集合
同じく4月9日 15:00~17:00

福岡グループレッスン!!
場所>>春日公園 
            噴水広場集合

4月12日10:00~12:00
長崎グループレッスン!!
場所>>稲佐山公園
            駐車場集合(ドッグランではありません)
参加費はどのグループも2500円[2頭目からプラス500円]です。
お申し込みは0956-46-0535 ビーチドッグまで

しつけモニターレッスン

【新人スタッフ研修 リベンジ編】
前回のしつけモニターレッスンは、スタッフの体調不良により7回コールド負け。
今回は無事最後まで終えることができました。
前回はヒアリングとそれに基づいたアドバイス、あとは軽い練習でした。

今回はその後の成長に合わせた練習です。

まず驚いたのが、前回のアドバイスにより、散歩前の震えが無くなったこと。
怖がりだったので、散歩前は毎回震えていたそうですが、前回アドバイスさせていただいたことで、それが克服できたとのことでした。
あとは、オスワリの大幅レベルアップがなされてました。

前回はほぼ私が担当した形となりましたが、今回は口出しせず。
でも、頑張っていました。
次回はどうなるか。
ご協力いただいたT様、ご協力いただきありがとうございました。
無料しつけモニターレッスン、まだまだ募集しております。
条件は、今までビーチドッグでしつけ教室を受けたことがない方で、しつけに興味のある方、スタッフ教育にご協力いただける方。
犬種、年齢は問いません。
スタッフのしつけスキルアップにご協力ください。
お問い合わせ 0956-46-0535 ビーチドッグ

しつけ教室プライベートレッスン トイプードル

【しつけ教室プライベートレッスン】
トイプードルの吠えを抑えるトレーニングです。
といっても、この画像はハウスの練習中になります。

吠えに限らず、問題行動の改善は、犬の仕草や飼い主さんのお話から原因を突き止めることで、解決方法を見出していきます。
 
原因の特定を誤れば、逆効果になることもしばしば。
引き出しの少ないトレーナーにだけはならないようにしないと(^^;;
ということで、犬のしつけはビーチドッグへご相談されるのが良いかと思われますー。
佐世保市里美町400-4
0956-46-0535

プライベートレッスン 柴犬ちゃん 佐世保

【プライベートレッスン】
随分と暖かくなってきましたね!
しつけするのも楽しいです。

午前中は柴犬ちゃんのディスクと呼び戻しとマテの練習をしました。

気分にムラがあるのが柴犬ですが、少しずつ形になってきています。

午後からは、シュナウザーと柴犬の合同レッスン。
こちらは写真撮り忘れました(>_<)
シュナ君は犬へのワンワンを抑える練習。
柴ちゃんは基礎練習とトリック。
シュナ君は単調な練習を繰り返すことが必要なので、犬も人も忍耐忍耐。
柴ちゃんはやる気なさそうに見えていつも確実にレベルアップする子(笑)
みなさんお疲れ様でした。

しつけ教室グループレッスン 佐世保

【しつけ教室 グループレッスン】
毎月第一土曜日は佐世保でのグループレッスンの日。
今回もマテの練習をしました。

マテは本当に重要。
繰り返し練習をしているわけですが、皆さん成長がすごい!!
継続は力なり。
これからが本当に楽しみです!!!

〈今後の予定〉
●諫早会場
■4/9(土)10:00~12:00 長崎県立総合運動公園駐車場集合
●福岡会場
■4/9(土)15:00~17:00 春日公園噴水広場集合
●長崎会場
■4/12(火)10:00~12:00 稲佐山公園駐車場集合
お申込み・お問合せ 0956-46-0535 ビーチドッグまで

お花見キャンプ+ウォーキング 楽しかったね!!

【わんわんウォーキング】
満開の桜、たくさんの仲間、犬。。。
楽しんでいただけたかな。
いい思い出となりました。
ありがとうございました。
まずはご報告まで。

9周年

【9周年】
本日the Beach Dogはおかげさまで9周年を迎えることができました。

たくさん方に支えられ、無事今日という日を迎えることができましたこと、この場を借りて感謝申し上げます。

しかし、あくまで今日という日は通過点。
現状道に迷っていないか、もしくは今後道に迷わないか、確認するためにも、これを機にすこし回想させてください。



2003年から2年間アメリカで牧場生活を送った。
犬との出会いはその時だった。
牛追いをするカウボーイに混じり働く犬の姿。
その能力の高さには感動すら覚えた。
立ち話をする時も、農機具を修理する時も、スーパーへ買い物に行く時も、夜お酒を飲む時も、どんな時も犬たちはカウボーイのそばを離れることはなかった。
犬と人がお互い生き物らしく、まさにイキイキと生きる姿に、初めて犬と人との在るべき姿を見せられた気がして、頭を殴られた思いだった。


生き物として、そしてパートナーとして尊重しあい、また協力しあって生きる姿。
僕が日本で伝えたいのはこの「犬らしい姿 人らしい姿」 そしてそれら人と犬のパートナーシップだった。


そして2006年、故郷の愛媛から長崎に移り、自身のパートナーとなる愛犬DDを迎え、2007年海辺の小屋にて開業。


伝えたいことは、今も昔も変わらず「犬と共に生きる素晴らしさ」。
しかし、このスローガンを何度も反芻することがあった。
それは、誤解を招くかもしれないが「犬が好きなんですね」と言われたり「命を大切にすることはいいことですね」と言われる度に自分の中では腑に落ちなかったからだ。
でも、今では自分の中では明確な答えがある。
うまく伝わらないかもしれないが、「田舎」と「田舎暮らし」、もしくは「車」と「カーライフ」に違いがあるように、「犬」と「ドッグライフ」には大きな違いがある。
求めているのは「ドッグライフの豊かさ」であり、犬自体への視点で止まりたくはなかった。
そこにはもちろん、犬と暮らす姿を見て感銘を受けた、という原点があったからだ。


似たような話で、「犬を可愛がる」ことや「可哀想な犬を助ける」ことも大切ではあるが、それよりも一人一人が「犬とどう生きるか」を重視すれば「不幸な犬」は減るのではと思う別のきっかけもあった。
いわゆる「殺処分0」を目指した時の話だ。
当時は保健所における一般譲渡は今ほど行われておらず、引き出すにはその人自体になんらかのバックグラウンドが必要だった。
そこで、僕は犬の訓練士であるというバックグラウンドからパイプ作りをし、可能な限りの保護を始めた。
単純に不幸な犬を減らしたいとの願いがあったからだ。
しかし、次第に高まる動物愛護の気運、それに伴う命に対する多様な議論を目にし、なんだか人の醜さばかりが見えてくるようだった。
命を救うことこそが正義であり、正義の名の下では我こそが絶対であると言わんばかりの振る舞い。
そして、助けることばかりに目が行き、足元の愛犬をなおざりにしている…まずは自分の犬を楽しませよう…


確かに命は大切ではあるが、元をただせば捨てる人がいるからであり、犬と楽しく暮らせば捨てようなんては思わない。


不幸な犬を減らすより、幸せな犬を増やそう。


結果的に保護活動へ傾倒したことが、より犬と楽しく生きる人を増やす活動へとシフトしていくきっかけとなった。

振り返れば原動力は経験からくるものばかりだ。
アメリカではカウボーイが自らの手で愛犬の命を絶つ瞬間を見た。昨日までパートナーだった犬への愛情だという。
日本では、公務員に任せ愛犬の命を絶つ人を多く見てきた。自分のみへの愛情か。
2009年大切に育てた愛犬は、皮肉にも保健所から保護した犬によって噛み殺された。
お客様の大切な愛犬を、温度管理を誤り絶命させてしまったこともあった。
子犬を病院に連れて行くタイミングが遅れ亡くしてしまったこともあった。
猫なのにいつもお散歩についてきてくれる可愛い愛猫やうちに迷い込んできて飼い始めた可愛い愛犬、初めて保護した守り神のような犬、いい子はみんな亡くなった。
大切な友も亡くなった。
いつも皆勤賞でイベントにお越しいただいてたお客様が、今日のイベントには来ないなと思っていたら、その日にお亡くなりだった。きっと今でも皆勤賞だ。
しつけでお世話になった飼い主さんとのお別れもあった。


この9年、たくさんの犬や人と出会ったが、たくさんの命とも別れた。


別れは悲しいがどう逝くかより、どう生きるか、どう生きたか。
みんなが教えてくれた。


だから、毎月イベントをする。
ようやく60回を数えるイベント。
仲間みんなで山や海へ行った。
そしてみんなで笑った。
笑顔を増やすために、大きなイベントを1つ行うのではなく、小さなイベントを細く長く続けると、開始当初に誓いを立てた。


犬は自分で散歩に出ることもできなければ、旅行することもできない。
でも大丈夫。
僕が連れて行くから。


いつも大切にしている言葉「犬は犬らしく 人は人らしく」。


2007年ふと頭に浮かんだ言葉だが、経験を積むごとに、この言葉の持つ力が強くなる。


犬は自然を駆けるとき一番輝く。
人も同じ。
アメリカで見た光景は、いまでも焼き付いている。


これからも足元にいる愛犬たちと、自然の中を「藤川勇」らしく歩んでいきたい。


最後に

これからも、人生を楽しむ多くの犬と人をサポートしていけたらと思います。
大した還元はできませんが、少しばかりのキャンペーンをさせてください。

本日中に、新規でペットホテルを二泊以上お申し込みいただいた方のみ一泊無料サービス、新規で4/2開催のしつけ教室お申し込みの方には参加費無料サービス、新規でプライベートレッスンをお申し込みの方にはしつけ教室一回無料サービスとさせていただきます。
お申し込み時に必ず「キャンペーン見た」とお伝えください。


今日から10年目に向けて頑張ります!
これからも皆様と皆様の愛犬と共に歩んでいけたらと思います。

the Beach Dog
藤川 勇