たろう物語②たろう君と出会えたことが僕の宝だ

夏に入っても、たろう君は主に外で生活していた。
室内のケージが空いているときは中に入れていたが、順位としてはやはり子犬が優先だった。


始めは恥ずかしがってさわらせてくれなかったたろう君、この頃になると僕にすっかりなつき、時間があればいつも一緒に海に出た。
DSC08999.jpg


たくさん犬を飼っていれば自然と個々に役割ができるが、たろう君は犬たちのレクリエーション係。
うちに来て間もない、こわばってる犬たちにたくさん話しかけ、みんなを笑顔にしていた。
DSC06695.jpg
DSC06706.jpg
たろう君は友達がたくさんだったな。


やがて室内のケージが空いてることも多くなり、たろう君は完全室内犬になった。
猛暑になる前に入れてやりたい気持ちがあったので間に合ってよかった。

室内に入っても元気一杯のたろう君。
DSC00837.jpg
この2匹が毎日毎日アホみたいに走るので真剣に家が壊れるかと思った。
テロか暴動 ホント止まらないんです
DSC00834.jpg

ケージから出したらとにかく遊ぶ。
疲れるまで遊ぶ。
遊びが過ぎるため叱り飛ばすこともよくあった。


ここ一ヶ月くらいだろうか、たろう君を連れ出すことが以前よりも多くなった。
DSC00733.jpg

おそらくたろう君はうちに来るまでずっと繋がれっぱなしで楽しいことを知らないはずだ。
たろう君が楽しんでくれたら僕は嬉しい。
DSC00750.jpg

新しい経験を出来るだけたくさんさせようと山に街に色々連れまわした。
DSC00792.jpg

いつの間にかたろう君は僕の心の好きの多くを占めていた。
たろう君を喜ばせようと一生懸命だった。


譲渡会まであと数日

今回の譲渡会でたろう君がいなくなる予感はした。
寂しさの反面、ここで決めてやるという決意もあった。

譲渡会が近づくにつれ自然と「これが最後の~」という言葉が口をつくようになった。

これが最後の遠出かな~、なんて言いながら山に行った。
DSC00754.jpg
実際に最後の遠出になった。
たろう君はあちこち走り回って僕を困らせた。

仲良しDDと最後の水遊び。
DSC00935.jpg
DSC01027.jpg
DSC00980.jpg
DSC00903.jpg
二人は大の仲良しだった。
離したくはないが運命には逆らえない。
でも運命とは不思議なもので二人は引き離されながらも繋がりを持った。
たろう君のお届けで譲渡先に行ったとき思わず笑った。
今たろう君はDDの実家のすぐそばにいる。
あれだけ苦労して探し当てたDDの実家。
たろう君家はDDの実家のご近所さんだ。


家で撮った最後の写真
DSC01079.jpg
僕は最近密かに「たろう体操」というのを毎晩やっていた。
たろう体操とは、ダンベル代わりにたろう君を使い体操する、世界初の試みだった。
この写真は今となってはたろう体操をカメラに収めた唯一の証拠写真となった。

たろう君の最後の写真。
人に少しでも慣れればと思い時間を見つけて一緒に街に行った。
DSC01091.jpg
ハンバーガー屋なんて初めてだったと思う。
自動ドアに驚いてたたろう君。
可愛かったな。

これが最後の晩の出来事だ。


譲渡会の日、またもたろう君は最後まで決まらずにいた。

日も暮かかりもう帰ろうかと諦めかかっていた頃、一人の女性がたろう君の元へとやってきた。

ずっと待っていた人が現れた。
その女性がいつか現れるであろうたろう君の新しい飼い主であることは僕には直ぐにわかった。
DSC01123.jpg


女性はたろう君と会話するように優しい声で話しかけた。
「たろう、うちにくる?うちの子になる?」
たろう君はもちろん何も応えたりはしないがその場にいた者みんなたろう君の返事が聞こえたはずだ。
たろう君の返事をまって女性は言った。
「たろう、うちにおいで。」
DSC01127.jpg
忘れられない瞬間だ。
嬉しくて、感情が言葉にならなかった。

お届け先はDDの実家の直ぐ近所だった。
家ではゴールデンとアメコッカーと犬が大好きな家族が待っていた。
お父さんは何度も何度もたろう君に話しかける。
「今日からここがおまえの家やけんな。」
「ずっとここにいていいんぞ、お前の家なんやぞ。」
DSC01132.jpg


たろう君は仮の家であるうちにずいぶん長いこといた。
仮という意識はなかったが、たろう君がいなくなった今、ここは仮だったのだと切なさがこみ上げてくる。
たとえ仮でも、僕たちは本当の家族だった。
僕がいつも考えていたことは、単純にたろう君を幸せにしたいということだった。
そしてたろう君は幸せになるべく、本当の家族を見つけた。
いまでも名前はたろう君だ。
過去を捨てる必要はないんだから。

たろう君は僕の望み通り幸せになったが、思い返してみると幸せにしたいと望んでいた僕がたろう君からたくさんの幸せをもらった気がする。

愛や優しさという言葉を使うのは照れくさい気もするが、たろう君はたくさんの優しさと愛を僕たちにくれた。
しかし、それはたろう君が最も求めていたことなのだと思う。
子供を捨てられ、自分も捨てられたのだから。
新しい家族を言葉で表すなら、優しさと愛だ。
もう誰もたろう君を捨てたりはしない。

生きてるって素晴らしいだろ、たろう君!


月並みだけど、たろう君たくさんの思い出をありがとう。
DSC01053.jpg
最後になりましたが
譲渡会に関わった皆さんお疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

今日からしばらく留守にしますので、更新できないかもしれません。
ランキングに参加しています。
犬ブリーダーランキング2位
子犬ランキング2位
高3の校内マラソン大会2位
皆さんの応援が励みになります。
宜しくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ブリーダーへ
にほんブログ村 犬ブログ 子犬へ
たろう君に幸せのポチを
子犬情報はこちら
犬舎の様子はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

コメント

たろう君、本当に良かったです(´ー`)
嬉しいです(*^.^*)
保護犬のアイドルたろう君の幸せを、喜んでくださってる方、恐らく沢山いるでしょうね(^^)v


遊び上手のたろう君!ジュリアンと、遊んでくれて有難うね!

そして、おめでとうさん(*⌒▽⌒*)
いっぱいいーっぱい 幸せになってね!
万歳ヽ(´ー`)ノ

( ;∀;) イイハナシダナー

泣けるじゃないですかぁ~!
後ろで片付けしている最中にそんな感動シーンがあったのですね。

たろうくんおめでとう!
4Dさんおめでとう!
そして関わった皆さんありがとう!

アルコールのせいでしょうか・・・

涙が出ました。
「たろう、うちにおいで」
そのことばをどれほど待ち望んでいたか・・・
これから、たろうにはきっと楽しいことが沢山まってますよね!
たろうに幸あれ!!

No title

おはようございます。

お留守でしばらくお会いできないのはさみしいですね。でもその間にランキング1位になっていますから
素晴らしい。

これからも
皆さんに愛されるブログであるよう、楽しいお土産話お待ちしていますヽ(^□^)ノ” イッテラッシャーイ~

口に入るもろお土産も嬉しいケドネ

先日は母がチラッと行ってみたらしいですが…ウチは国道から島瀬公園を見ていないなぁ…終わっちゃったんだねってそのまま帰ってしまいました(´-ω-`)公園の方におられたんですね( TДT)ノ
ウチに会いたかったでしょうに(笑)
奥まで行かずにスイマセン(;_;)


にしても、太郎くん
良かったぁ(´∀`人)♪
雨の日にずぶ濡れで遊んだ日を思い出します。シャイだけど優しい(*^ー^)家犬として最高ですょね(σ'∀`)σ


4Dさん夏休みなんですね(・ω・)/
リフレッシュして、またセクシー全開で帰って来て下さい( ̄ー+ ̄)

お気をつけて、いってらっしゃーい(´・Д・)/

黄色いパンダさん

旅行に出ていてお返事遅くなりました。
いままでたろう君の応援ありがとうございました。
ジュリアンとたろう君すごく仲良しでした。
また遊べたらいいですね。
今度たろう君家に遊びに行きましょうか!

もやさん

ドキュメンタリー映画にすればよかったとすごく後悔しています。
ちょっと脚色すれば大ヒット間違いなしでした。

にしても嬉しかったですね。
これからも頑張っていきましょう。

よっこさん

飲んでたんですか。
早死にするタイプですね。

たろう君は山に住んでるからきっと今頃走り回ってると思います。
走るの大好きな子でした。
可愛かったなぁ・・・

タハ母さん

久しぶりにゆっくり出来ました。
ブログもあらかじめタイマーセットして自動でアップするようにしてました。
留守中まで応援ありがとうございます。
旅行の土産話ですか・・大した話はないですよ。
温泉入ったり、犬散歩させたりそんな感じです。

めいママさん

会いたかったので念を送ってたのですが・・・

雨の日に川原で遊んだりしたこともありましたね。
懐かしい。
あの時はたろうがお世話になりました。

夏休みも終わって今日から仕事です。
また公園で会うかもしれませんね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する