幸せのかたち

犬によってはドッグランは中毒になるほど楽しいところみたい。
反対に拒否反応起こすほど嫌いな子もいるけど。
でもどっちにしろ適度に通えばいい経験の場になると思う。

譲渡会前日に保護したダックスちゃん、一緒にいられるのはたった一日かもしれないけど、その一日を楽しんでもらおうと思い、ドッグランに行きました。
DSC01781.jpg
おどおどして全くダメかと思っていたけど、思っていたよりいい笑顔見せます。
もうこちらが親だとも認識しているようで、何かあれば直ぐに帰ってきます。
実を言うとダックスの好感度低かったんだけど、この子とたちは好感度高めです。
ダックス可愛いやん。。。

翌日は朝から海上綱引きに参加して、それが終われば市内で譲渡会開催でした。

ダックスって飼ってる人多いから綱引き会場でもたくさんの方に声をかけられました。
なかには「虐待!?許せん!!!!!!飼い主と話をさせてくれ!この子達は自分達が引き取る。あとで連絡するから」という方も。
あとで実際にお電話いただきました。
ありがとうございます。

譲渡会でもたくさんの方に声をかけていただき、パールちゃんはすんなり里親さんが決定。
アリスとレモンもたろう君タイム(大体7時ぐらいの諦めかけた時間のこと)にトライアルが決定しました。

元の飼い主さんにもお電話すると大変喜んでおられました・・・

パールはその脚でお届けに。
里親さんはアメリカ人の方です。
以前にもアメリカ人に譲渡が決まりかけたことがあるのですが、次の日に出戻った経験があります。
母国まで連れて帰るのが条件でしたが、譲渡時に費用のお話をしたら思ったより高くてやめにしたようです。

今回の方にも何度も何度も確認を取りました。
こまかーいことまで説明をし、念を押しときました。

でも、話しているうちにその必要がないことは直ぐにわかりました。

この方、まるで聖母マリアです。
愛が全身からあふれています。
この方に会ってからパールは呼んでもこちらに来ることはなく、ずっとこの方の傍を離れることはありませんでした。
DSC01992.jpg
アフリカの難民キャンプで学校の先生をしていたときも、そこで誰にも可愛がられてなかった猫をアメリカまで連れて帰ったそうです。
今回も必ずパールをアメリカに連れて帰ることを約束してくれました。

職場にもパールを連れて行ったり、近いうちに登録と避妊もするとのことです。

通訳のKさんがいなければここまでいいやり取りはできませんでした。
ありがとうございました。

最後に里親さんに自分の思っていることもお話しました。

元の飼い主さんはきっとこの子達のことが大好きだったはずです。
いっしょにいたくて、吠えて欲しくなくてこういうことをしてしまったんだと思います。
もし周りの方にパールのお話をすることがあっても飼い主さんのことを悪くは言わないで欲しいと思います。

こんなことを言いましたが、犬を見ているとそんな感じがしてきたんです。
最初は愛情を全く受けていない子たちかと思いましたが、その逆で、たくさん愛情を受けて育った子たちなのではないのかと・・・

昨日元の飼い主さんからお電話がありました。
「耳が悪いおばあちゃんに代わりますが、是非お話がしたいとのことなのでパールのことお話してもらえますか?」

いつもは耳が聞こえないから僕とお話しても直ぐに娘さんに助けを求めていたおばあちゃん、このときだけはお一人受話器を片手に熱心にお話に耳を傾けておられました。

おばあちゃんはパールが幸せになたことに大変喜んでいました。
毎晩パールやアリスたちと一緒に寝ていたのはおばあちゃんだったとそのとき知りました。

つぎ、もし犬が飼える環境になればその犬たちと幸せに暮らしてもらえたらと思います。


DSC01982.jpg
DSC01985.jpg

譲渡会と綱引きの報告はまた後でしますが、ひとまず皆さんお疲れ様でした。
そしてありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。
↓をクリックすれば投票ができ、順位の確認も出来ます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ブリーダーへ
にほんブログ村 犬ブログ 子犬へ
にほんブログ村 犬ブログ
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護 - ジャンル : ペット

コメント

よかった。。

パールちゃん、よかったですね!
絶対幸せになりますよね(T-T*)フフフ…

他の子もトライアル決まって良かった(*゜▽゜)*。_。)*゜▽゜)*。_。)ウンウン

よっこさん

こんなに優しい人いまどき珍しくないってくらいいい方でしたよ。
大切なことはメモをとっていたし。
パールがアメリカ行くときは見送りに行きたいな。

No title

そう、一言添えようと思って居た。
パールは知らんが、後二匹は愛情を受ける回路が出来てる犬です。  犬飼いから見れば、 色々腑に落ちない点も沢山ありますが、元の飼い主さんが、悩み苦しみながらも愛情を注いで居たのも事実ですね、 犬を見れば判ります。

躾を理解する回路も出来て居て、何点か修正入れましたが、非常に物覚えも良いです。
人間に対する集中度が良い奴らなんですね。  ワシ的には少々ウザいのですが、僅かな期間でウザさもとれて来ましたので、ダックス族全体で見ても良い犬なんです。

住環境とか、色んな要素で悪い方に傾いただけなんでしょうね。  ワシも最初は怒りが込み上げて来てたんですが、一日様子を見ただけで考えは変わりました。
どうであれ、愛情が一番なのだと感心してる所です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する