譲渡会の前にマイア

先月の譲渡会は雨で中止。
延期も考えたけどそれぞれ予定もあるだろうからお休みにしました。

ということで23日は久しぶりの犬猫譲渡会。

結果はトライアル(数日間お試しで仮譲渡)が一頭、正式譲渡が4頭。
うん、いいね~。
(この記事は譲渡会直後に半分ほど下書きしたものですが、今日になり一頭返還になりました)

詳しいご報告の前にマイアちゃんの旅立ちのご報告です!!

譲渡会二日前にメールにてジャックラッセルテリアの保護犬マイアちゃんのお問い合わせあり。
ジョーに続いてまたも県外に方だったのでお電話でお話させていただきました。

譲渡に際しては明確な条件を掲げているわけですが、譲渡条件に明記していないことの方が大切なことはたくさんあります。
いくら条件に合うからといってもきちんと飼えるとは限らず、大切なのは犬を・・・・ね、わかるでしょ。


今回は車でお届けできる範囲外ということで条件から外れていましたが、適任者であればいいことなのでお話をさせていただきました。

お話させていただいた結果、僕が養子になりたいぐらいの人格者といいましょうか、愛犬家といいましょうか。



ジョーのときは去勢をしてからのお引渡しにしましたが、年齢のことや空輸のことも考えてマイアの避妊処置についての判断は里親さんにお任せすることにしました。

空輸もジョーのときのように僕が行っても良かったのですが、一時預かりさんがお別れまでした方がいいかなと思いマッキーさんに行ってもらいました。

あれだけ大切にされていたからお別れはさぞ辛かったことだと思います。
お疲れ様でした。

里親さん宅についたマイアの様子を電話でお伺いすると「いまはやりたいようにさせています」とのことだった。
マイアに必要なのはルールでがんじがらめな強制的な毎日ではなく、まさにそれだと感じていたのでこの結果に間違いはないと確信しました。ろう
老犬だからね。


ジョーにマイアがこれからどうなるのか。
遠いところに行ったからこそ、楽しみもできたように思います。


いまから里親さん宅まで子犬のお届けがあります。

詳しくは次回。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ブリーダーへ



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する