ハロ



昨晩ジャックラッセルテリアのハロが帰った。
2週間うちに修行に来ていたのだ。

ハロはうちに来ている間にオカマになった。

お泊りの初日、俺の足に小便をひっかけた。
さらに、ところかまわずウンコするハロ。
寄り付く子犬はなぎ倒していた。
俺がカレーを食べていたら、おもむろに寄ってきて、真横から堂々と俺のカレーを食べ始めた。
男やな、ハロ。



うちの訓練方針は「犬を信じる、犬に合わせない」

ハロ君、うちはトイレは外だ。
柵なんてないから好きな所でしてきておくれ。
終わったら帰って来るんだぞ。

・・・帰ってこないことが度々あった。
それでも犬は信じるし、迎えには行かない。
帰らずに困るのはハロだ。

ハロ君、最後は焦った顔して帰ってきてたな。
悪いけど犬には合わさんよ。
あなたが変るしかないのだ。


スネちゃん、あなたの言うとおり、俺はハロのことが最初気に入らなかった。

でも、最後、ハロに好きだよって言ったら、「俺も、たぶん好きだ」みたいな顔してた。
たぶん、、でもいいよ。
俺は信じてるから。

可愛いね、ハロ。
またおいで。

DSC01825.jpg

同じような写真しかなくてごめんなさい。
これしかなくて・・・
スポンサーサイト
コメント

まとめてる2

あ~、ハロ君、帰っちゃいましたか~・・
可愛かったですね~
シートに挟まって「フンフン」言ってるのに気づいてあげられなくて
ごめんね。

Sさんにお会いできたこと、嬉しかったです。
一生懸命鋏の練習なさってましたね。
お話を聞くと、なんかデカい人だなぁと思いました。(いや体じゃなく)
経験の数だけ、人は大きくなれますね。

これから全ての経験を栄養にして、心豊かな素敵な女性になりたいです。
(いや体じゃなく)

ぽちゆみさん

Sさんがうちに来ている間に何度も「腑に落ちる」という言葉を使っていました。
彼は想像で話をしたくない男なのでしょう。
全て自分の目で見て、経験に基づいた話をしたいと。

物(Sさんの場合酒に当たる)には作り手がいる。
作り手がいる以上、背景であるストーリーが存在する。

難しくなってきてうまく表現できませんが、観念でものを言うのは案外危険なことだと思います。あの人みてたらそれを強く感じる。腑に落ちてこそ、初めてそれを知っていると言えるのだと。

あの人の作るカクテルはうまいよ。
想いがこもってる。
ストーリーがある。
テキーラってどんなお酒ですか?って聞いても「リュウゼツランっていう植物があって・・・」ってカクテルブックに載ってるような話をしてくれるんだけど、それらは全て実際に見てきた話なんだ。
こちらも腑に落ちる。
テキーラがさらにうまく感じる。

自分の目で見て確かめるって大事だよね。
本当はどうかわからないし。
意外とウソって多いよね。
間違った情報。
知ったかぶり。
カウボーイとして働いて思ったことは、巷にあふれているカウボーイの情報は9割が間違っている。
笑える話もある。
知らないことも怖いけど、変に知ってるのも考えものです。
答えがないものに対して、答えを押し付ける人もいるし。
犬でもよくある。
あなた犬じゃないのになんでそんなことが言い切れるの?って。
しつけのマニュアルも 犬が書いたの?って思うことも。
いつも腑に落ちるやり方だけ取り入れるようにしています。
いかん、長々とつまらん話してしまいそうだ。
失礼しました。
コメントありがとね。

3週間にわたってうちのハロがお世話になりました。
ほんとにほんとにありがとうございました!!

他の犬飼いさんにとっては普通、
いや、まだまだ普通じゃないかもしれませんが(^^;)
ハロ、劇的に変わりました!!
かなりおだやかになりました!!!
ハロにとっていい親分になれるようがんばります♪
これからもアドバイスおねがいします♪

写真の3ワンズいい顔してますね。
キラキラしてる★
いつもたくさんのワンちゃんから
こんな目で見つめられてるんですね(´∀`)
写真って撮られた人の撮った人への気持ちがわかりますね♪
ヤキモチやきそう(^ω^)

スネさん

ハロは特別思い出に残る生徒さんやなぁ。
何でも一生懸命でした。
わずか2週間だったけど、たっくさん思い出がある。
かわいかったよ。
偽りでなくね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する