年に一度の講習会だったっす。

先日、年に一度の勉強会に行ってきました。
この講習を受けなければ、基本的には動物を取り扱う仕事はできません。


今年は殺処分に関するお話が中心。


ご存知の方も多いかもしれませんが、長崎県は27年度の殺処分数は全国1位!!


一番少なかったのかって??


いえいえ、ワーストです。。。

一番殺処分数が多い、不名誉な数字です。

しかも、それだけではありませんよ。

なんと!

2年連続のワースト1位です。


僅差だろうって??

いえいえ、2位と大差の、ぶっちぎりでの1位です(^-^)/

写真にある数字をみてください。


子犬の引き取り数なんて、全国で706匹に対し、長崎は72匹。

全体の1割を占めています。

殺処分数の増減では、犬の飼い方の質まではわかりませんが、引き取り数を見れば、その県の飼い主の意識がわかりますよね。

いくら殺処分をゼロにしても、バンバン持ち込まれていれば、本質は変わりませんが、長崎は殺処分数も全国1位で、持ち込み数もハンパない。

これは、意識が低いと言われても仕方ありません。


大切なのは殺処分数のゼロではなく、犬を本当の意味で大切にして、犬が本当の意味で幸せになり、社会全体が犬を受容すること。


保護団体が頑張ったって、社会が変わらなければ、ただの数合わせに過ぎないと言われてしまいます。


もちろん命を救うことは大切ですが、命は救うものではなく、そもそも救う必要がある状態にすること自体が悪なわけで、救うことが完全なる善とはいえません。



では、ブリーダーが悪いのか?


いえいえ、繁殖しなければ、犬は絶滅しますよ。


劣悪な環境や、犬に負担をかけすぎる飼養は、もちろん道徳的にも法的にも問題がありますが、ブリーダーがこの世からいなくなれば、この世の中から純血種どころか雑種という犬もほぼいなくなるでしょう。

また、売れ残った犬や繁殖引退犬を処分しているという噂をよく聞きますが、現在ではそのようなことは行われていないはずです。


今後もそのようなことは行われないでしょう。


悪徳ブリーダーはその名の通り悪ですが、必要な職業ではあろうかと思います。

もう少し規制は必要ですけどね。

5頭までにするとか、一頭あたりの面積を決めるとか。


ペットショップが犬を売っているのが悪いのか?

展示して販売する必要はないと思いますが。。。

ショップが悪だとは一概には言い切れません。


よく、ドイツは生体販売をしている店はないと言いますが、実はあります。

僕が実際にドイツに行って確認済みです。

生体販売が禁止されていると言われていますが、ガセネタで、生体を販売するには一定の基準を満たした施設でなければ許可されておらず、実際に販売をしている店はあります。

販売も正しく行われるのであれば、問題ではないということです。
それに、ショップがあるから長崎県の殺処分数がワースト1位なわけではありませんし。

ショップがあるせいで、飼い主が犬の飼育放棄を行うとはなりませんからね。

では、一般の飼い主さんが悪いのか?
保健所に持ち込んでいるのも、保健所が捕獲した犬の持ち主も、ほぼ一般の飼い主さんと考えると、一番問題なのは飼い主さんとなるわけですが、これもそう単純な話ではありません。

知識を得る場もなければ、ルール違反を取り締まる機関もない。

国全体が犬に対する意識を変えなければ、飼い主さんの意識も低いままでしょう。
子供の時から学ぶ場がないわけですから。
その点ドイツは子供の時から教育しており、その教材は素晴らしいものでした。


ということは、国が悪い?


規模がでかすぎてよーわからんなってきた(^^;;
国のせいにでもしときましょうかね(^^;;

ま、犬に携わる全員が悪いということでしょう(^^;;

でも、真面目な話、どうすればいいかは簡単です。

まずは、足元にいるあなたの愛犬を大切にしてください。
大切なのはそれだけです。
あいつが悪い、こいつが悪いではなく、一人一人の意識の問題ですから。
スポンサーサイト