その後

先日書いた「アート犬」の「その後」についての記事を先ほど知り合いが教えてくれました。
アート犬とはこれです。
餓死していく犬を「アート」と言ってたそうです。
6ae00b397c1cfa1958ba1dea412d1234.jpg

029f32c31b6ddec2b8347b798de03144.jpg

093d1d34e7b57ca9a62b69cdd9c8b1e0.jpg

e7ffe4d8a8a18568382d961bd6013b43.jpg

だらだら長いですがこれ↓が「その後」です。


ある芸術家が餓死寸前の犬を展示して「犬の餓死」という芸術を発表した。しかもこれはまだ最初の布石に過ぎず、私が表現しようとする芸術の準備段階だと宣言した。「犬の餓死」だけでも非人道的なのに、それが準備段階に過ぎないと宣言したことで、様々な人から非難が集中した。ネットでは芸術家のブログは炎上し、自宅には反対するグループが押し寄せ、それらをマスコミが取り上げ更に盛り上がり、収拾がつかない程に社会問題化した。

それを受けて芸術家は新たなコメントをした。次の展示に使う犬は保健所で処分される予定の犬を使用することにします。助けたい人がいらしたらどうぞご自由に。次の展示が行われる日、展示される美術館では初めて開館前に行列ができていた。鉢巻をして襷をかけたいかにも抗議団体ですという集団や、興味本位で初めて美術館に訪れましたというような一般人、そしてそれらを面白可笑しく撮ろうする撮影人。100人以上の人が集まっていたので美術館はいつもより早く開館した。開館するや否や、皆早足で「犬の餓死」が展示されている前に集まった。前回と同じように動く元気もないような犬が元気なく伏せっていたが、そこに立ててあった看板だけは前回と違った。「助けたい人がいらしたらどうぞご自由に。」展示の前に集まった皆が静かに周りを伺う。多くの人が降りる停留所なのに停車ボタンを皆なかなか押さないバスの空気に似ていた。そんな中一人の老婦人が静々と手を挙げた。この犬を引き受けたいのですが。すると奥から芸術家が現れてわかりましたと犬の縄を看板から解き、老婦人へと手渡し、また奥へと下がっていった。縄を受け取った老婦人が屈み「もう大丈夫よ。」と犬の頭を撫でると自然に拍手が巻き起こった。

しかしそんな中、芸術家は奥から飄々と現れ、また連れてきた犬を看板に繋いだ。どういうことだと詰め寄られるが特に気にすることもなく、今日は10匹連れてきましたから後9匹いますよ、と答えた。人々は唖然としたが一度できた流れは変わらず、次々と挙手する人が現れた。自分が引き受ける、いいや自分が引き受けると、我先にと手を挙げた。芸術家は機械的に受け渡しを9回済まし、その日の展示は終了した。マスコミはその様子を何度も放映し、国民もその美談に酔いしれた。

芸術家はその後も精力的に展示を行ったが「犬の餓死」が完成することはなかった。どこの美術館でも用意した犬は全て貰い手が現れたからだ。それは数を増やしても変わらなかった。展示の度に生成され続ける美談が一大ブームを作っていたからだ。そしていつしかある噂が囁かれていた。あの芸術家は処分予定の犬達を救うためにこんな展示を始めたんじゃないだろうかと。

しかしある時、芸術家は突然展示をやめた。ブームの最中だったから人々は不思議がった。そしてとある記者が尋ねた。「噂では処分予定の犬を救うためにこの展示をしていたとのことですが本当でしょうか?」芸術家は答えた。「いいえ違います。それにもしそれが目的ならば展示をやめるなんておかしいでしょ?」もっともな話だった。「では何のために展示をして、そして何故展示をやめられるのですか?」芸術家は答えた。「それはこれからわかります。そして私の準備はこれで終わったので展示をやめます。どうぞ皆様これから行われる出来事をお楽しみください。」展示は終わった。

謎めいた発言は一時的に話題にはなったものの、その後も特に何かが起こるわけでもなかったので、すぐに忘れ去られた。そして数ヶ月後。奇妙な現象が起こり始めた。全国各地の公園などに痩せ衰えた犬が次々と放置され始めたのだ。「助けたい人がいたらご自由に。」と書かれた言葉と共に。引き受けたはいいものの、流行と偽善の気持ちから挙手した人が殆どで、数ヶ月もする頃には飼うことが嫌になっていた。どうしたものかと考えつく先は皆同じで、それが芸術家と同じような手段だった。直接捨てたり保健所に連れて行くよりも心が痛まない。悪いのは助けることができたのに、助けることなく見ていたやつだと。かくして「犬の餓死」は完成した。多くの人の手によって。



これが本当の話かどうかはさておき、犬の餓死という点を除いてはすごくよくできた話だと思う。
犬が餓死したことを争点にあげていてはこのストーリーの真実は見えてこない。

18歳のときDonovan というミュージシャンが好きでよく聞いていた。
彼の歌にUniversal Soldierというタイトルの曲と The War Drags On という曲がある。
今回のこの話を読んで、この2曲を思い出した。
どことなく似てるのだ。
内容はこんな感じだった。

ある兵士は戦争を終わらすために戦っていた。
国のため、神のため、兄のため、蟹のため
しかし、その兵士のその行動が戦争を終わらせないでいることに気付いていない。

ある兵士はこの世の中から戦争がなくなって欲しいと願っていた。
すると空にきのこ雲が現れた。
そして戦争はなくなった。
同時に世界もなくなった。

反戦、エコ、ボランティア、保護・・・・こういう言葉を聞く度にいつも考えさせられる。

うちの母は自分がまだ小さかったとき、仕事が休みの時には自転車の後ろに自分を乗せて、保育園まで送ってくれた。
道中、自転車を止めては空き缶を拾い、また進んでは拾い、小さなほこらを見つけては手を合わせ平和を祈っていた。
けして大したことはしてないが、これが当たり前であり大切な行動なのだろう。
その行動にはボランティアや反戦、エコなんて言葉は当てはまらない。
ブームや偽善、自己満足ではない。
人として当たり前の行動。
動物愛護週間や動物愛護団体なんていらない。
いつでも愛護で誰でも愛護。
人は環境を保護するほどの身分ではなく環境に保護される立場。
考え出したら止まらない。
助けてボブディラン。
スポンサーサイト
コメント

この騒動は去年の8月ごろのことだったみたいですね。
真相はわかりませんが、『本当の部分』を考える上でとても考えさせられることだと思います。
同じことをしても、状況や環境が違えばこうも世間でとられる印象は変わるものなのかといういい例ですね・・・。

署名運動を否定するわけではないですが、それをしたことだけで自己満足になる人がいるのでは??とちょっと斜めに見てしまいます。
行動して、責任をおって初めて意見を言える立場になるのかなーと。

こういうことがいけないことは誰にでもわかりますし、それを否定することはすごく簡単です。言い方に御幣があるかもですが、うわべだけを捕らえれば、自分のブログ等に署名をしてください!!的に載せるだけで正義感に浸れることができます。

で、それで終わり??
人にまかせるだけ??
って、思うので私にはできません。
正直今の私には保護したり、反対運動をするなどできないからです。
・・・かといって、私のようにしてたら何も前に進まないですね。
そこがもどかしい部分であり、ずるいとこです。
結局同じ穴のムジナ。

なので、DD4Dさんの行動力、発言には感銘を持ちます。
うわべではなく、最後の責任を負う覚悟がある上でのものだと思うからです。
DD4Dさんにとって、今やっていらっしゃる保護活動は英雄ではなく、普通のことだということでしょうか??
応援だけしかできませんが、信念をまげることなく続けていって頂けたらと思います。

ひろさん

これ、話は複雑ですけど真意は単純でしたね。
とっても大切なことってすぐに忘れられちゃうから過激なことでもしないと人々は思い出さないんでしょうね。
愛とか平和とかね。
権利(特に自由とか)を獲得するとき、歴史的に見てもけっこう過激だったりするわけだけど、動物って個人の権利は吠えたり噛み付いたりして訴えられるけど、集団のそれとなればそうはいかない。
今回の芸術家は動物たちみんなの代弁者だったんだろう。
「俺達の多くの仲間はだれも知られないところで死んでいってる。それを知ってくれ。そしてどうにかしてくれ」って。
「見て見ぬふりや、感情論だけはやめてくれ」って。
かわいそうとかいってるうちに明日もまた死んでいく犬がいる。
今日も犬管理所行ったけど3匹いました。
1匹はつれて帰った。
あと2匹のうち1匹は絶対助ける。
残りは迷う。
ニカラグアやコスタリカ、ホンジュラスの犬が餓死してかわいそうとかって言ってるならまず自分の町の保健所にいる犬をなんとかしてやってくれ!!
本気でそう思う。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する