やるしかない

辛い。
一生懸命やってきたつもりだったけど、ただの「つもり」だった。
自分が追い続けた理想の自分には、到底たどり着けていなかった。
人に感謝される人間は、まず人への感謝の念を持つことが言うまでもなく大切なのだろうが、僕はまるでそんな人間ではない。
何処から来て、何処へ向かおうとしているのか。
ただのバカが気取ったって、バカに輪をかけただけでしかない。
でもある意味バカって取り柄。
まだバカでい続けているだけで、よしとするか。
クソ赤字になったって、スタッフ食わせて、嫁泣かさなければ良い。
自分は惨めな思いして一晩泣けばそれでいい。
やりたいことやって、クソ赤字なら良い。
やりたいことやらずに黒字よりは、ややマシ。
大雨ぐらいが、僕の人生にはちょうどいい。
いつも誰かに嘲笑されてるぐらいがちょうどいい。
いつも泣きながら、いつも苦しみながら。
死にたいぐらいがちょうどいい。
生きてるってそういうこと。
歯食いしばって、見栄張って、奉仕して、自己満して、犬と笑って、犬と泣いて。
恥ずかしがりながら、モゴモゴ夢語って。
誰か一人でもわかってくれたら、それでいい。
誰か一人でも喜んでくれたら、それでいい。
両親に胸張れる生き方なら、それでいい。
スポンサーサイト